New – Paul McCartney

composed by Paul McCartney ©2013 MPL Communications Ltd.
 

僕を見ないで
これから先どうなるかなんて
そんなすぐにはわからないんだよ
僕を見たってわからないさ
僕の人生は
何ができるのかも 何になれるのかも
予想もしなかったことの連続だった
だからいつも新鮮だったんだ

 
new2013年8月の末に「10/14ポール・マッカートニーが新作アルバムをリリース!」という報道があり、同時に「新曲」の動画が彼の公式YouTubeで公開された。
タイトルは「New」。アルバムはポール本人曰く”Back To The Beatles album”。「ビートルズっぽい、キャッチーな曲を集める」つもりのようだ。
この「新曲」も、そう言われれば確かにビートルズっぽい気がしないでもないし、公開直後のネット上では概ね好評なコメントが多かった。

「ポールの曲であるということに価値がある曲」これが最初に聴き終わった後の僕の印象。
何をもって「ビートルズっぽい」と感じるかはきっと人それぞれ。僕がいちばん「ビートルズっぽいな」と思った彼のソロアルバムはTUG OF WARだった。
今回のNEWはどうだろう?

10月が楽しみだ。


My Recording Data

ビートルズの曲をコピーしている時と違って、あまり完コピにこだわらなかった。楽器編成もフレーズも「こんな雰囲気だよね」程度です。
ビデオの歌詞はUniversal Music Japanのポール公式サイトに掲載されいていたものを引用したのだが…これ、ホントに合ってるのかな?

 

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.3
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Channel EQ > Space D > Limiter
  • Hand Clapもこのトラックに配置。

 

Tr.2 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Channel EQ > Space D

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (Solo, Bass=on, Treble=off)
  • Guitar Rig
  • ポール流の親指奏法で

 

Tr.4 :: Guitar

  • Gibson Les Paul Traditional (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Smple Dly

 

Tr.5 :: Clavitone 1

  • KONTAKT 5 – Clavitone
  • ADT
  • イントロとミドルで鳴ってる単音フレーズ。オーバードライブをかけたような音。

 

Tr.6 :: Clavitone 2

  • KONTAKT 5 – Clavitone
  • Channel EQ > Space D
  • クリーントーンでコードを叩くバッキング。

 

Tr.7 :: Harpsichord

  • KONTAKT 5 – Harpsichord
  • バッキングのキーボードは倍音がよく鳴っていて、これがClavitoneなのかHarpsichordなのかいまいちわからない。わからないので両方用意した。で、結局両方残した。

 

Tr.8 :: Brass Section

  • KONTAKT 5 – Brass Ensemble
  • Exciter
  • セクションの各楽器の音解析をするのがちょっと大変そうだったのでアンサンブルのパッチを使って一括処理。

 

Tr.9 :: Tuba

  • KONTAKT 5 – Tuba
  • アンサンブルのパッチで処理しきれなかったTubaは別トラックに。

 

Tr.10 :: Vocal 1

  • Channel EQ > Exciter > Compressor > Ensemble > Smple Dly > Space D

 

Tr.11 :: Vocal 2

  • EVOC PS
  • Channel EQ > Compressor > Ensemble > Smple Dly
  • メインのボーカルパートのうち”All my life”とハミングのフレーズの部分にボコーダーを当てて厚み付けしてみた。

 

Tr.12, 13 :: Chorus 1

  • My Voice & EVOC
  • Channel EQ > Compressor > Ensemble > Smple Dly
  • エンディング以外のコーラスパートはボコーダーで。オーディオリージョンはミュート。

 

Tr.14 :: Chorus 2

  • KONTAKT 5 – Chorus [u]
  • エンディングのコーラスパート。

 

Tr.15 :: Maracas

  • Maracas
  • Channel EQ > Compressor > Spread > Limiter
  • エンディングのコーラス部分でリズムガイドをしているパート。

History

2013.09.10: version 1.0.1 (music video)
2013.09.06: version 1.0

Diary