Love You To – The Beatles

REVOLVER, The Beatles

composed by George Harrison ©1966 Northern Songs Ltd.
 

日々が過ぎ去るのは速く
振り返ればすべて遠い昔のこと
君には僕に目をくれる時間すら無い
愛せるうちに僕を愛して
年老いて死んでしまう前に

 

ビートルズが1966年にリリースしたアルバムREVOLVERの4曲目。ジョージ・ハリスンの作品で、他のメンバーはレコーディングには参加していない。
前作RUBBER SOULでシタールをスタジオに持ち込んだジョージは、更に前進してインド音楽そのものに取り組み始める。タブラはインドのミュージシャンAnil Bhagwat、シタールはジョージ自身の演奏。
求愛をテーマにした歌詞だが、表現は非常に哲学的。


George Harrison (1966)
I play sitar on another track. I don’t care if everybody is using ‘em, you know. I just play it ‘cuz I like it.
 
シタールを弾いたよ。誰にどう使われようが構わないんだけど、ただシタールが好きだったから弾いただけさ。

George Harrison (1980)
‘Love You To’ was one of the first tunes I wrote for sitar. ‘Norwegian Wood was an accident as far as the sitar part was concerned, but this was the first song where I consciously tried to use the sitar and tabla on the basic track. I overdubbed the guitars and vocals later.
 
「ラブ・ユー・トゥー」は初めてシタールのために書いた曲だ。「ノルウェーの森」でシタールを弾いたのはたまたまだったけど、この曲は完全にシタールとタブラを使うことを念頭にして作ったんだ。あとでギターとボーカルを重ねたよ。

Recording Data

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.3
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Sitar 1

  • Roland VG-88 – Sitar
  • Pitch Shift > Pitch Shift > Channel EQ > Exciter > Compressor > Space D > ADT
  • メインのパート

 

Tr.2 :: Sitar 2

  • Roland VG-88 – Sitar
  • Pitch Shift > Exciter > Channel EQ > Limiter
  • イントロのリリーストーンをギターのハーモニクスで代用

 

Tr.3 :: Sitar 3

  • KONTAKT 5 – Sitar
  • Compressor
  • ギターで表現しにくいパートをサンプラーで

 

Tr.4 :: Sitar 4

  • exs24 – Indian Sitar
  • Compressor > Channel EQ > Space D
  • Bbパワーコード

 

Tr.5 :: Tambura

  • KONTAKT 5 – Tambura

 

Tr.6 :: Tabla

  • exs24 – Indian & Middle Eastern Kit
  • Multiprocessor > Channel EQ > Compressor > Limiter > Space D

 

Tr.7 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor
  • 指弾き。あまり主張しない。

 

Tr.8 :: A.Guitar

  • Headway HD-113 SE/STD
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT

 

Tr.9 :: E.Guitar

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • Bbパワーコード。ボリュームペダル使用。

 


History

2016.06.15: version 2.1
2011.10.18: version 2.0
2003.02.15: version 1.0

Diary


 


Sources