Here There And Everywhere – The Beatles

REVOLVER, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney©1966 Northern Songs Ltd.
 

よりよい人生を送るために
愛する人にそばにいて欲しい

 
ビートルズが1966年にリリースしたアルバムREVOLVERの5曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

主旋律の美しさはポールの作品の中でも屈指の秀作。ポール本人も最高傑作のひとつとして挙げるほどの自信作で後年のインタビューで「ビートルズ時代に書いた中では最も好きな曲」と語っていた。ジョン・レノンも「アルバムREVOLVERの曲の中ではいちばん好きな曲だ」と言っていたこともある。

同曲を作った頃の自分に対して、ポールは「女の人と暮らしてみたい。そんな年頃だった。」と回顧している。


John Lennon (1972)
This was a great one of his.
 
これは彼の素晴らしい曲だ。

John Lennon (1980)
That’s Paul’s song completely, I believe. And one of my favorite songs of the Beatles.
 
完全にポールの曲だ。そしてこれはビートルズの曲の中で僕のお気に入りのひとつなんだ。

Paul McCartney (1984)
I wrote that by John’s pool one day. When we were working together, sometimes he came in to see me. But mainly, I went out to see him.
 
ジョンの所で書いた曲だよ。一緒に仕事をしてた時はたまに彼が僕の所に来たこともあったけど、たいていは僕が彼のところに行ってたんだ。

Paul McCartney (1994)
‘Here, There and Everywhere’ has a couple of interesting structural points about it… each verse takes a word. ‘Here’ discusses here, Next verse, ‘there’ discusses there, then it pulls it all together in the last verse with ‘everywhere.’ …John might have helped with a few last words.
 
「ヒア・ゼア・アンド・エブリウェア」はおもしろい構成なんだ。最初のバースで「ここ(Here)」について話しながら次のバースで「そこ(There)」につなげて、最後のバースで「あらゆるところ(Everywhere)」に帰結する…最後の数節はジョンに手伝ってもらったと思う。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.3
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor
  • 指弾き

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Amp > Channel EQ > Compressor > ADT
  • フィンガーピッキング

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • Epiphone Elitist CASINO (rear – full)
  • Amp > Channel EQ > Stereo Delay > ADT

 

Tr.5 :: Finger Snapping

  • Channel EQ > Space D

 

Tr.6-8 :: Chorus

  • Channel EQ > Compressor > Noise Gate > ADT > Space D
  • 宅録ビートルズでは「歌わない」のが流儀なのだが、この曲はコーラスが無いと寂しく思えたので入れてみた。

 


History

2016.06.29: version 2.1
2011.10.22: version 2.0
2002.12.08: version 1.0

Diary


 


Sources