She’s A Woman – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

彼女は僕にプレゼントをくれない
でも決して野暮な娘じゃない
彼女は永遠に僕を愛してくれる
他にプレゼントをくれたりはしない
僕が寂しい時には元気づけてくれる
みんなは「彼女は君をバカにしてるだけだ」って言うけど
そんなことないよ

 

1964年に発売されたビートルズ8枚目のオリジナル・シングルのB面(A面は「アイ・フィール・ファイン」)。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

これまでライブのロックセクションではリトル・リチャードを歌っていたポールが「彼みたいな曲を自分で作ってそれを歌いたい」という思いで書いた曲。イントロのギターが2拍目からスタートしてるのでバンドモードになった途端に小節のアタマがずれたように感じるというちょっとしたトリックを取り入れたアレンジ。
この曲では通常のドラムの他にショカーリョ (Chocalho)というブラジルのサンバ等で用いられるジングルの付いたパーカッションがオーバーダブされている。


John Lennon (1980)
That’s Paul with some contribution from me on lines, probably. We put in the words ‘turns me on.’ We were so excited to say ‘turn me on’ –you know, about marijuana and all that… using it as an expression.
 
ポールの曲だよ。僕は歌詞をちょっと手伝った。僕らは”turn me on”っていう言葉を使ったけど、これはまさに…ほら、マリファナを使った時の感覚、みたいなね。エキサイティングだったな。

Paul McCartney (1994)
This was my attempt at a bluesy thing… instead of doing a Little Richard song, whom I admire greatly, I would use the (vocal) style I would have used for that but put it in one of my own songs.
 
ブルースっぽい曲を書こうとしたんだ。リトル・リチャードを演る代わりにできればと思ってね。彼の曲は素晴らしいよ。彼のスタイルを曲を自分の曲に取り入れてみたんだ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Chocalho

  • exs24 – Latin Kit
  • Channel EQ

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • FGN NC-10R (rear full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (mix Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > ADT

 

Tr.6 :: E.Guitar 3

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Mid)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.7 :: Piano

  • exs24 – Grand Piano
  • Channel EQ > Chorus > Compressor

 


History

2015.06.06: version 2.0
2004.05.22: version 1.0

Diary


 


Sources