*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

She Loves You – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1963 Northern Songs Ltd.
 

君は失恋したって思ってるんだね
僕は昨日彼女に会ったんだ
彼女はが考えてるのは君のことさ
そして伝えて欲しいって言ってたよ
彼女は君を愛してるって
悪い気はしないだろ?
彼女は君を愛してるんだ
素直に喜ぶべきだよ

 

1963年に発売されたビートルズ4枚目のオリジナル・シングルのA面 (B面は「アイル・ゲット・ユー」)。ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作。

2枚目のシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」、5枚目の「抱きしめたい」と共にビートルズのイメージを決定付けその人気を確立した初期の重要なヒット曲のひとつ。彼らにとって初のミリオンセラーとなり、売上枚数166万枚は当時の英国でのシングルレコードセールスの最高記録で1977年まで破られることはなかった。ちなみにこの「記録」を破った曲はポール・マッカートニー&ウィングスの「夢の旅人」だった。

当時の英国では「下品な言葉」とされていた”Yeah”という掛け声をこれでもかとばかりに連呼する。この曲によって広く知られることになったビートルズの音楽を「大きな音で頭を振って『ヤー』と叫ぶ曲」と批判めいて評した大人たちをよそに、若者たちは熱狂していった。

ドラムのフィルインからいきなりサビに入るアレンジはプロデューサーのジョージ・マーチンのアイデア。最後のコードに関してはジョージ・マーチンは違和感を持っていたものの、ジョンとポールは自分たちの主張を曲げなかった。
ポールは最初この歌を「掛け合い形式」にしようと考えていた。ポールが♪She loves youと歌うのに続いて他のメンバーが♪Yeah yeah yeahと応える、というものだ。しかしジョンがポールを説得してこれをやめさせた。

英国で空前の大ヒット曲となったが米国のEMI系列のキャピタル・レコードは「これは米国ではウケない」として販売を拒否。マイナーレーベルの「スワン」からリリースされたが全くヒットしなかった。その後「抱きしめたい」のヒットによって米国でも人気が急上昇したことを受けてキャピタルは後追いで「シー・ラブズ・ユー」もリリース。250万枚以上を売り上げた。

ドイツ語版

この曲には”Sie Liebt Dich”というドイツ語版がある。

1964年1月のフランスでの旅公演中に「ドイツ語版製作」の話が持ち上がった。「ドイツではドイツ語版を出さないとレコードが売れない」…EMIの西ドイツ支部オデオンの姿勢は強硬だった。マネージャーのブライアン・エプスタインとプロデューサーのジョージ・マーチンはこの話に納得し、引き受けた。
ところがビートルズはドイツ語での録音に全く乗り気ではなく滞在していたホテルから出ようとしない。彼らを説得するためジョージ・マーチンがホテルに出向いた。
「部屋に入ると彼らはジェーン・アッシャー(当時のポールの恋人)が入れたお茶をのんびりと飲んでたんだ。僕の顔を見た途端に急にアタフタしてた。校長先生に悪事を見つかった腕白生徒のような顔をしてたよ」
観念した彼らはパリのEMIパテ・マルコーニ・スタジオでレコーディングを行なった。

「シー・ラブズ・ユー」の英語版のバックトラックのマスターテープは既に破棄されていたため、ドイツ語版用に演奏から再録音された。
同じ日に「抱きしめたい」のドイツ語版”Komm, Gib Mir Deine Hand”も録音され、この2曲をカップリングしたシングル盤が西ドイツで発売された。

乗り気ではない企画だったがいざセッションが始まるとメンバーは精力的に取り組み、この面倒な仕事を思いの外早く片付けた。そして余った時間で彼らはもうひとつ別の曲…全くの新曲である「キャント・バイ・ミー・ラブ」もこのスタジオで録音。ほんの数テイクで完成させてしまった。


John Lennon (1963)
We wrote that two days before we recorded it, actually.
 
実は僕らはこれをレコーディングの2日前に書いたんだ。

Paul McCartney (1963)
John and I wrote it together. We were in a van up in Newcastle somewhere, and we’d just gone over to our hotel. I originally got an idea of doing one of those answering songs, where a couple of us sing about ‘she loves you’ …and the other one sort of says the ‘yes, yes’ bit. You know, ‘yeah yeah’ answering whoever is saying it. But we decided that was a crummy idea anyway. But we had the idea to write a song called ‘She Loves You’ then. And we just sat up in the hotel bedroom for a few hours and wrote it, you know.
 
ジョンと僕で一緒に作った曲だ。ニューキャッスルかどこかでバンに乗ってホテルに向かってた時だったかな。僕は最初この曲を掛け合いにしようと思ってた。僕らが’She loves you’と歌うと他のメンバーが’Yes, Yes, Yes’って歌い返す…あ、”Yeah, Yeah, Yeah’だったか。やっぱりチンケなアイデアだと思ってやめたんだけど「シー・ラブズ・ユー」っていう曲を書いてみよういうことにはなった。それでホテルの部屋で2、3時間でこれを書いたのさ。

John Lennon (1963)
‘Yeah.’ That’s sort of the main catch phrase from ‘She Loves You.’ We’d written the song, and then suddenly realized we needed more… so we added ‘yeah, yeah, yeah’ and it caught on.
 
‘Yeah’ってのは「シー・ラブズ・ユー」ではいちばんキャッチーなフレーズだね。僕らは曲を書いてる時に、何かが足りないって思ったんだ。そこで’Yeah, Yeah, Yeah’って節を入れたんだよ。バッチリだったね。

John Lennon (1964)
We arrange them in the studio normally, you know. We get a basic idea, because you write a song and you get a sound in your head that you think it’s gonna sound like. And it usually turns out different, you know. We’ve given up trying to plan it too much before we go in. None of us can read music. Our A&R man (George Martin) can read music, so sometimes he’ll say ‘That note’s just… it doesn’t work, you know. You can’t have it.’ And we have to go into detail with the piano and everything and work it out and say ‘It DOES work. You know, we’re singing it. It works.’ And sometimes he’s right, sometimes he’s wrong, you know. (giggling) But it usually all works out in the end.
 
僕らは普段スタジオの中でアレンジを練るんだ。曲の基本的な構想を思いついて頭の中で音のイメージを作り上げてても実際に演るとたいてい違った感じになる。演奏を始める前にあれこれ明確にしようとはしなかったよ。僕らは誰ひとりとして譜面が読めないからね。僕らのディレクター(ジョージ・マーチン)は譜面が読めるから、彼は時々こう言うんだ「その音は…うん、合わないね。使わないほうがいいよ」って。そしてピアノの前に集まって議論するんだ。「この音で合ってるよ。ちゃんと歌えるんだからね。大丈夫」とかね。彼が正しい時もあるし、間違ってる時だってある(笑)。でもたいてい万事解決して終わるよ。

John Lennon (1980)
It was written together (with Paul) and I don’t remember how. I remember it was Paul’s idea– instead of singing ‘I love you’ again, we’d have a third party. The ‘Woooo’ was taken from the Isley Brothers ‘Twist And Shout,’ which we stuck into everything.
 
(ポールと)一緒に書いたんだ。どうやったかは覚えてないけど。アイデアを出したのはポールだったと思う。毎度毎度’I love you’って歌うんじゃなくて第三者的なものにしてみたらどうだろう、ってね。’Wooo’ってのはアイズレー・ブラザーズの「ツイスト・アンド・シャウト」からだね。ありとあらゆる曲に使えたよ。

Paul McCartney (1982)
Occasionally, we’d overrule George Martin, like on ‘She Loves You,’ we end on a sixth chord, a very jazzy sort of thing. And he said, ‘Oh, you can’t do that! A sixth chord? It’s too jazzy.’ We just said, ‘No, it’s a great hook, we’ve got to do it.’
 
僕らは時々ジョージ・マーチンの助言を拒んだよ。「シー・ラブズ・ユー」がそうだった。エンディングに6thを持ってきたんだ。ちょっとジャズっぽい感じのね。そしたら彼は「おいおい、それはないだろ?6th?まるでジャズみたいじゃないか」。でもぼくらはこう言い返したんだ。「いいフックじゃないか。これで演るからね」

Paul McCartney (1988)
We rehearsed the end bit of ‘She Loves You’ and took it to George. And he just laughed and said, ‘Well, you can’t do the end of course… that sixth… it’s too like the Andrew Sisters.’ We just said, ‘Alright, we’ll try it without,’ and we tried it and it wasn’t as good. Then he conceded, ‘You’re right, I guess.’ But we were both very flexible. We would listen to George’s ideas too, because he was a producer and a musician, and he obviously knew what he was talking about. There was good to-and-fro. We loved that bit, and we rehearsed it alot. John and I wrote that in a hotel room, on twin beds during an afternoon off– I mean, God bless their little cotton socks, those boys WORKED! Here I am talking about an afternoon off, and we’re sitting there writing! We just loved it so much. It wasn’t work.
 
「シー・ラブズ・ユー」のエンディングの部分をジョージ(マーチン)に聞かせたんだ。彼は笑いながら「その6thのエンディングは違うんじゃない?アンドリューズ・シスターズじゃあるまいし」って言った。僕らは「わかった。じゃぁそこは無しでやってみよう」ってことにしたんだけど、やっぱりよくなかった。「うーん、やっぱり君らが正しいかな」…そう言って彼は折れたんだ。でも僕らはお互いに柔軟だったよ。ジョージのアイデアを受け入れたことだってある。彼はプロデューサーだし音楽家だし、確信を持って話をするからね。いい関係だった。僕らはこの曲が気に入って、何回もリハーサルした。ジョンと僕はこの曲をホテルの部屋で書いたんだ。ツインベッドの部屋で、午後の休憩中にね…つまり、神が与え給う祝福の時にこの少年たちは仕事をしてたのさ!午後の休みに、曲を作ってた。僕らはただ曲を作るのが好きだったんだ。仕事だなんて思わなかった。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.4.4
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
  • Score

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor
  • Score / TAB

 

Tr.3 :: Guitar 1

  • Gibson 1960s J-160E
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > Chroma Verb
  • リズムギター・ピックアップ通し
  • Score / TAB

 

Tr.4 :: Guitar 2

  • Gibson 1960s J-160E
  • Channel EQ > Compressor > Limiter
  • リズムギター・生音
  • Score / TAB

 

Tr.5 :: Guitar 3

  • Gretsch Tennessee Rose (mix-mid)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > Chroma Verb > Sample Delay
  • Score / TAB

 


History

2019.03.03: version 2.1
2015.07.12: version 2.0
2004.05.09: version 1.0

Diary

 


Sources