Dig A Pony – The Beatles

LET IT BE, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1970 Northern Songs Ltd.
 

僕は…
おチビちゃんがお気に入り
なんでもお祝いしていいよ

 

ビートルズが1970年にリリースしたアルバムLET IT BEの2曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。

1969年1月30日。ビートルズは映画LET IT BEのためにアップル社の屋上で何の予告もなく突然ライブを行った。
彼らにとって最後の人前での演奏となったいわゆる「ルーフトップ・コンサート」である。

ここで演奏されたテイクからイントロ後の”All I want is”とエンディングの”All I want is you”というフレーズをカットしたものがアルバムに収録された。
冒頭、リンゴ・スターが休憩に入ろうとしていた時にカウントが始まってしまったためリンゴが慌てて”Hold it !! (ちょっと待って!)”と叫んで一旦ストップ。その後再度カウントを入れなおして演奏がスタートする。


John Lennon (1972)
I was just having fun with words. It was literally a nonsense song. You just take words and you stick them together, and you see if they have any meaning. Some of them do and some of them don’t.
 
僕は言葉で遊ぶんだ。意味なんか無い。言葉を寄せ集めてくっつければ、そこに意味を見いだせることがあるかもしれない。そういう時もあるし、そうじゃない時もあるさ。

John Lennon (1980)
Another piece of garbage.
 
ゴミだね。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.7
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Solo)
  • Guitar Rig > Multipressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (mix full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT
  • リズムギター。ジョンのパート。

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • リードギター。ジョージのパート。

 

Tr.5 :: E.Piano

  • Vintage Electric Piano (Logic)

 


History

2014.09.22: version 2.0
2004.03.18: version 1.0

Diary


 


Sources