*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

I Call Your Name – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

君の名前を呼んでも
君はそこにはいない
僕のせいなんだろうか
不誠実だったんだろうか
君がいなくなってから
夜になっても眠れない
涙も枯れてしまった
もう生きていけないよ

 

ビートルズが1964年にリリースしたEP盤LONG TALL SALLYのA面2曲目に収録された曲。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。
米国では英国でのEPリリースより前にTHE BEATLES SECOND ALBUMに収録・発売された。

曲の骨子はジョンが作詞・作曲に興味を持ち始めた15~16歳の時に書いたもので、1963年に加筆修正して完成させた。ジョンはこの曲をビリー・J・クレーマー・アンド・ザ・ダコタスのセカンドシングル用に提供。ビートルズがレコーディングする以前の1963年8月に「バッド・トゥー・ミー」のB面に収録され全英チャートで2位を獲得した。因みに彼らの最初のシングルもビートルズから提供された「ドゥー・ユー・ウォント・トゥー・ノウ・ア・シークレット / アイル・ビー・オン・マイ・ウェイ」でこちらは1位になっている。

この曲で特徴的なのはミドルエイトでのリズムの変化。これについてジョンは後年「1960年代後半に流行り70年代の終りにリバイバルしたジャマイカン・ビート『スカ』を試みた最も初期の曲」とコメントしている。


John Lennon (1980)
That was my song. When there was no Beatles and no group, I just had it around. It was my effort as a kind of blues originally, and then I wrote the middle-eight just to stick it in the album when it came out years later. The first part had been written before Hamburg even. It was one of my ‘first’ attempts at a song.
 
僕の曲だね。まだビートルズもグループも無かった頃に作った。僕オリジナルのブルースみたいなものをやろうとしたんだな。ミドルエイトはずっと後になってくっつけた。最初の部分はハンブルグに行く以前に書いたもので、僕にとってはこれが「はじめての曲作り」だったんだ。

Paul McCartney (1994)
We worked on it together, but it was John’s idea. When I look back at some of these lyrics, I think, ‘Wait a minute. What did he mean? ‘I call your name but you’re not there.’ Is it his mother? His father? I must admit I didn’t really see that as we wrote it because we were just a couple of young guys writing. You didn’t look behind it at the time, it was only later you started analyzing things.
 
一緒に作ったよ。でもアイデアはジョンだね。歌詞を読んだ時にこう思ったんだ「ちょっと待って、『あなたの名前を呼ぶ。でもあなたはいない』ってどういう意味?『あなた』は彼の母親?それとも父親のこと?」僕らはまだ若いコンビだったから、自分で何を書いてるのかわからないこともあったんだ。背景までは見えてなかったんだね。あれこれ分析するようになったのはずっと後のことさ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Cowbell

  • exs24 – Percussion Kit
  • Channel EQ

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • FGN NCST-10R (rear full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Rickenbacker 360/12 (rear full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 


History

2015.06.21: version 2.0
2004.05.16: version 1.0

Diary


 


Sources