You Never Give Me Your Money – The Beatles

ABBEY ROAD, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1969 Northern Songs Ltd.
 

君は僕にお金をくれない
君がくれるのはへんてこな紙切れだけ
そして交渉の最中に
君はだめになってしまう

 


メドレー5曲。
曲ごとにページを分けていますが、動画は5曲連続なのでどのページでも同じものが再生されます。

スタートポイントは各ページごとにその曲から始まるように設定しました。
しかしスマートフォンのブラウザではこの設定は無視されることがあるようです。
あらかじめご了承ください。


 

ビートルズが1969年にリリースしたアルバムABBEY ROADの9曲目で、アルバムB面に収められた2つのメドレー(前半5曲、後半3曲)の前半1曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

彼らが新たな才能の発掘と自分自身をマネージメントするために1968年に設立した会社「アップル」は彼らの意に反して設立時の理想とかけ離れた会社になりつつあった。もともと金銭感覚に疎い4人は稼ぐ以上に散財しており、会社は財政的に窮地に立たされていた。
そんな状況を憂う中でこの曲は生まれた。

ポップソングではお決まりの
Aメロ→Bメロ→Aメロ→Bメロ→サビ→Bメロ…
みたいな定型ではなく、一旦別の展開に進んだらもう後戻りしないという構成。これはかつてジョン・レノンが「ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」でとったのと同じ手法だ。ポールがこの曲を意識して作ったのかどうかはわからないが、彼は後年にも「アンクル・アルバート」や「バンド・オン・ザ・ラン」等、折にふれてこうした展開の曲を書いている。

次の曲「サン・キング」へのつなぎで使われている効果音はポールが自宅で録音したもの。


George Harrison (1969)
Then begins the sort of big medley of Paul and John’s songs all shoved together. You have to hear this, because it does like two verses of one tune. And then the bridge of it is like a different song all together.

Paul McCartney (1988)
We wanted to dabble, and I had a bit of fun making some of the songs fit together, with key changes (into the long medley). That was nice. It worked out well.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.7
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 ::Piano

  • exs24 – Grand Piano
  • Channel EQ > Space D

 

Tr.2 :: Honky Tonk Piano

  • Steinway Grand Piano
  • Exciter > Channel EQ > Modulation Delay > Compressor > Space D

 

Tr.3 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.4 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (frpnt v10 t10 + rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Multi Pressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.5 :: E.Guitar 1

  • Gibson Les Paul Traditional (Treble v10 t10 + Rhythm v10 t6)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > ADT
  • イントロから”No where to go”の後の間奏部分まで鳴っているクリーントーンのギター

 

Tr.6 :: E.Guitar 2

  • Gibson Les Paul Traditional (Treble v10 t10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT
  • “No where to go”の後の間奏部から入るクランチトーンのギター

 

Tr.7 :: E.Guitar 3

  • Gibson Les Paul Traditional (Treble v10 t10)
  • Guitar Rig > Channel EQ
  • 間奏の途中でハーモニーをつけているクランチトーンのギター

 

Tr.8 :: E.Guitar 4

  • Epiphone Elitist CASINO (Rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > ADT
  • “But oh the magic feeling”から入るバッキングギター

 

Tr.9 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Channel EQ > Space D

 

Tr.10 :: Bell

  • KONTAKT 5 – Tubular Bell (metal)
  • Channel EQ

 

Tr.11 :: Cricket

  • 都田公園で録音
  • 次の曲”Sun King”への橋渡し

 


History

2014.08.23: version 2.0
2004.02.13: version 1.0

Diary


 


Sources