*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

The End – The Beatles

ABBEY ROAD, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1969 Northern Songs Ltd.
 

結局
あなたが得る愛の大きさは
あなたが与えた愛の大きさに等しくなる

 


メドレー3曲+1曲。
曲ごとにページを分けていますが、動画は4曲連続なのでどのページでも同じものが再生されます。

スタートポイントは各ページごとにその曲から始まるように設定しましたが、ブラウザによってはこの設定は無視されることがあるようです。
あらかじめご了承ください。


ビートルズが1969年にリリースしたアルバムABBEY ROADの16曲目で、アルバムB面に収められた2つのメドレー(前半5曲、後半3曲)の後半のラストナンバー。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

リンゴ・スターのドラムソロに続いてポール・マッカートニー→ジョージ・ハリスン→ジョン・レノンの順でギターソロを3回ずつ。楽器のテクニックよりもメロディーやハーモニーを主体に曲を構成してきた彼らがこの曲ではこれでもかとばかりに各メンバーの楽器のソロを前面に出している。中でものリンゴのソロは非常に珍しい。


John Lennon (1980)
That’s Paul again, the unfinished song, right? Just a piece at the end. He had a line in it, (sings) ‘And in the end the love you take is equal to the love you make,’ which is a very cosmic, philosophical line… which again proves that if he wants to, he can think.
 
ポールの未完成曲だ。エンディング向けのパーツだね。彼の書いた’And in the end the love you take is equal to the love you make’っていう歌詞はとても普遍的で哲学的な文節だね。それを望みさえすればば彼にだって考えることはできたのさ。

Paul McCartney (1988)
Ringo would never do drum solos. He hated drummers who did lengthy drum solos. We all did. And when he joined the Beatles we said, ‘Ah, what about drum solos then?’ and he said, ‘I hate ‘em!’ We said, ‘Great! We love you!’ And so he would never do them. But because of this medley I said, ‘Well, a token solo?’ and he really dug his heels in and didn’t want to do it. But after a little bit of gentle persuasion I said, ‘…it wouldn’t be Buddy Rich gone mad,’ because I think that’s what he didn’t want to do. … anyway we came to this compromise, it was a kind of a solo. I don’t think he’s done one since.
 
リンゴはドラムソロをやりたがらなかった。彼は延々とドラムソロをやるドラマーを毛嫌いしてたよ。僕らもさ。だから彼がビートルズに入った時に僕らは聞いたんだ「あのー…ドラムソロはどうだろう?」そしたら彼は「大嫌いだ」って答えたから僕らは「そいつは素晴らしい!」と言った。だから彼は決してやらなかったんだ。でもこのメドレーで僕は彼に「ソロをやってくれないかい?」と頼んだ。彼は本当に嫌がってたけど、「バディ・リッチみたいなことはしなくていいから」とかなんとか言って説得したよ。やりたくなかったはずなんだけど結局譲歩してくれてソロを叩いてくれたんだ。これ以外にはやらなかったと思うよ。

Paul McCartney (1994)
We were looking for the end to an album, and ‘In the end the love you take is equal to the love you make’ just came into my head. I just recognized that would be a good end to an album. And it’s a good little thing to say– now and for all time, I think. I can’t think of anything much better as a philosophy, because all you need IS love. It still is what you need. There aint nothin’ better. So, you know, I’m very proud to be in the band that did that song, and that thought those thoughts, and encouraged other people to think them to help them get through little problems here and there. So uhh… We done good !!
 
アルバムの最後をどう締めようかと考えてた時にふと僕の頭に’In the end the love you take is equal to the love you make’っていうフレーズが浮かんだんだ。エンディングにうってつけだって思ったよ。それに普遍的なメッセージでもあるってね。哲学的なことを考えるのは得意じゃないよ。「愛こそはすべて」だから。それこそが全てで、他に必要なものなんて無いんだ。だからこの曲をやったバンドにいられたことを誇りに思ってる。それは世界のあちこちで悩みを抱えてる人たちの助けになったはずさ。だから…僕らは素晴らしかった!

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.7
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter
  • ソロとフィルインの部分に隠し味的にうすーーーーーく重ねたトラック

 

Tr.3 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (frpnt v10 t10 + rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Multi Pressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.4 :: Guitar 1

  • Gibson Les paul Traditional (Rhythum full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter > ADT
  • イントロ1本目(高音側)

 

Tr.5 :: Guitar 2

  • Gibson Les Paul Traditional (Treble full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Limiter > ADT
  • イントロ2本目(低音側)

 

Tr.6 :: Guitar 3

  • Gibson Les Paul Traditional (Treble full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > ADT
  • ギターソロのバッキング

 

Tr.7 :: Guitar 4

  • Epiphone Elitist CASINO (rear v10 t10)
  • Guiar Rig > Channel EQ > Limiter > ADT
  • ギターソロ。ポールのパート。

 

Tr.8 :: Guitar 5

  • Gibson Les Paul Traditional (Treble full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter > ADT
  • ギターソロ。ジョージのパート。

 

Tr.9 :: Guitar 6

  • Epiphone Elitist CASINO (front v10 t10 + rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter > ADT
  • ギターソロ。ジョンのパート。

 

Tr.10 :: Guitar 7

  • Gibson Les Paul Traditional (mix full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter > ADT
  • エンディングのバッキング・その1。

 

Tr.11 :: Guitar 8

  • Epiphone Elitist CASINO (rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Rotor > Channel EQ
  • エンディングのバッキング・その2。

 

Tr.12 :: Guitar 9

  • Gibson Les paul Traditional (Rythum full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter > ADT
  • エンディングのオブリガート。

 

Tr.13 :: Piano

  • exs24 – Grand Piano
  • Channel EQ > Space D

 

Tr.14 :: Strings

  • KONTAKT – Strings Ensemble

 

Tr.15 :: Brass

  • KONTAKT – Brass Ensemble
  • Channel EQ > Exciter

 

Tr.16 :: Maracas

  • Maracas
  • Channel EQ > Compressor > Spread > Limiter > Space D

 


History

2014.09.06: version 2.0
2004.02.26: version 1.0

Diary


 


Sources