*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

Golden Slumbers – The Beatles

ABBEY ROAD, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1969 Northern Songs Ltd.
 

かつて家路を辿る道があった
かつて家路を辿る道があった
愛しい人よ おやすみ
どうか泣かないで
僕が子守唄を歌ってあげるよ

 


メドレー3曲+1曲。
曲ごとにページを分けていますが、動画は4曲連続なのでどのページでも同じものが再生されます。
スタートポイントは各ページごとにその曲から始まるように設定しましたが、ブラウザによってはこの設定は無視されることがあるようです。
あらかじめご了承ください。


ビートルズが1969年にリリースしたアルバムABBEY ROADの14曲目で、アルバムB面に収められた2つのメドレー(前半5曲、後半3曲)の後半の1曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

ポールが実父ジェームスの家に行った時、義妹ルース(ジェームスが再婚した女性の連れ子)に読み聞かせていた絵本の中に”Golden Slumbers”というトーマス・デッカー作の子守唄を見つけた。

Golden slumbers kiss your eyes
Smiles awake you when you rise
Sleep, pretty wantons, do not cry
And I will sing a lullaby
Rock them, rock them, lullaby

Care is heavy, therefore sleep you
You are care, and care must keep you
Sleep, pretty wantons, do not cry
And I will sing a lullaby
Rock them, rock them, lullaby

この詩を気に入ったポールがオリジナルの子守唄とは全く別のメロディーをつけ、詩も一部変えてまとめあげた曲。


George Harrison (1969)
Another very melodic tune of Paul’s which is very nice.
 
ポールの曲だ。美しい旋律でとてもいいよ。

John Lennon (1969)
Paul layed the strings on after we finished most of the basic track. I personally can’t be bothered with strings and things, you know. I like to do it with the group or with electronics. And especially going through that hassle with musicians and all that bit, you know, it’s such a drag trying to get them together. But Paul digs that, so that’s his scene. It was up to him where he went with violins and what he did with them. And I think he just wanted a straight kind of backing, you know. Nothing freaky.
 
ベーシックトラックを録り終えるとポールがストリングスを加えていった。僕はバンドの音や電気的な処理は好きなんだけどストリングスは邪魔なんだよ。ミュージシャンと口論になったりそれをまとめようとしたりってのが鬱陶しいんだ。でもポールはそれをやった。彼のセンスだね。どこにバイオリンを加えるかは彼が決めてみんなに指示した。彼はだたひたすらにストレートなバッキングを求めてたんだと思う。当たり前のことさ。

Paul McCartney (1969)
I was just playing the piano in Liverpool at my dad’s house, and my sister Ruth’s piano book… she was learning piano… and ‘Golden Slumbers and your old favorites’ was up on the stand, you know– it was a little book with all those words in it. I was just flipping through it and I came to ‘Golden Slumbers.’ I can’t read music so I didn’t know the tune… I can’t remember the old tune… so I just started playing ‘my’ tune to it. And then, I liked the words so I just kept that, you know, and then it fitted with another bit of song I had– which is the verse in between it. So I just made that into a song. It just happened ‘cuz I was reading her book.
 
リバプールの父の家でピアノを弾いていた。譜面台にはピアノの練習をしていた妹のルースの’Golden Slumbers and your old favorites’の譜面があったんだ。小さな本で、歌詞も書いてあった。その譜面めくって’Golden Slumbers’のページを開いた。僕は譜面が読めないから音はわからないし、曲そのものも知らなかったから自分で旋律を作ったんだ。とてもステキな歌詞だったから歌詞はそのままにしてね。その時ちょうど自分の中にあった別のメロディーと合致したんだ。そんなわけで、これは彼女の本から生まれた曲なんだよ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.7
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Piano

  • exs24 – Grand Piano
  • Channel EQ > Space D

 

Tr.2 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.3 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter > Sample Delay
  • 最初のフィルインから”smiles awake when you rise”までオーバーダブされている(ように聞こえる)パート。短いディレイでタイミングをずらす。

 

Tr.4 :: Bass

  • FGN NCJB-10R (frpnt 10 + rear 10 + tone 3/4)
  • Guitar Rig > Multi Pressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.5 :: Strings 1

  • KONTAKT 5 – Strings Ensemble

 

Tr.6 :: Strings 2

  • KONTAKT 5 – Strings Ensemble
  • 2バース目のオブリガート。メイントラックのパラメーター調整で切り分けるのは難しそうだったのでここだけ別トラック。

 

Tr.7 :: Horn

  • KONTAKT 5 – French Horn Ensemble

 


History

2014.09.06: version 2.0
2004.02.25: version 1.0

Diary


 


Sources