*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

It Won’t Be Long – The Beatles

The Beatles, WITH THE BEATLES

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1963 Northern Songs Ltd.
 

あと少し
あと少し
あと少しで
僕は君と一緒になれる

 

ビートルズが1963年にリリースしたアルバムWITH THE BEATLESの1曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。ミドルの部分のボーカルとコーラスの掛け合いがいかにもビートルズらしい。

ジョン曰く、もともとはシングル用に作ったものだが「失敗するかも」という理由でアルバムに回したとのこと。
「シー・ラブズ・ユー」と同様に“Yeah Yeah”というコーラスとの掛け合いを取り入れたアレンジだがこの曲の方が複雑。ジョージ・ハリスンが途中コーラスを歌い損ねている。

ジョンの長男ジュリアン・レノンが1980年代にこの曲をコンサートで歌っていたこともあった。


John Lennon (1980)
‘It Wont Be Long’ is mine. It was my attempt at writing another single. It never quite made it. That was the one where the guy in the ‘London Times’ wrote about the ‘Aeolian cadences of the chords’ which started the whole intellectual bit about the Beatles.
 
「イット・ウォント・ビー・ロング」は僕の曲だ。シングル用のものを書こうとしたんだけど、うまくできなかった。ロンドンタイムスのなんとかっていう記者が「イオリアン的抑揚」みたいなことを書いてたよ。ビートルズの知的解釈ってやつの始まりさ。

Paul McCartney (1994)
We’d spot the double meaning… In ‘It won’t BE LONG till I BELONG to you’ it was that same trip.
 
‘It won’t be long till I belong to you’の一節で’be long’と’belong’を引っ掛けて2重の意味を持たせたんだ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: Guitar 1

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.4 :: Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (Rear – Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > Limiter

 


History

2015.09.04: version 2.1
2010.10.17: version 2.0
2002.05.25: version 1.0

Diary

 


Sources