*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Wild Honey Pie – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

ハニー・パイ
ハニー・パイ

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の5曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはポール・マッカートニーの作品である。
4トラックのマルチトラックレコーダで作った曲で、全てのパートをポールひとりで録音しており他のメンバーは参加していない。
タイトルはビーチ・ボーイズの「ワイルド・ハニー」をもじったもの。歌詞は短くおふざけ的なものながらも一応あるのだが、アルバムに付属されていた歌詞カードには何も記載されていない。CD化されてもやはり記載されていない。アルバム中歌詞カードに記載がないのはこの曲と「レボリューション9」だけだ。
またこのアルバムには「ハニー・パイ」という曲も収録されていてそれもポールの作品だがお互いに関連性は全くない。
ポールは当初この曲をアルバムに収録するつもりはなかったが、ジョージ・ハリスンの当時の妻パティ・ボイドがこの曲を大変気に入ったので収録することにしたと語っている。


Paul McCartney (1994)
We were in an experimental mode, and so I said, ‘Can I just make something up?’ I started off with the guitar and did a multitracking experiment in the control room… It was very home-made– it wasn’t a big production at all. I just made up this short piece and I multitracked the harmony to that, and a harmony to that, and a harmony to that, and built it up sculpturally with alot of vibrato on the (guitar) strings, really pulling the strings madly– hence ‘Wild Honey Pie.’

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.7
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > Limiter
  • バスドラムのみ

 

Tr.2 :: A.Guitar 1

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • PShift II > Chan EQ > Compressor > Space Dsn > Sample Dly
  • ミキシング時のテープ速度のせいだと思うが、レコードは調律がA=424くらいになってるのでそれに合わせてチューニング。ローコードのパターンだが原曲では12弦ギターのようだ。それっぽくするためにピッチシフターでオクターブ上を重ねた。

 

Tr.3 :: A.Guitar 2

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Chan EQ > Compressor > Space Dsn > Sample Dly
  • 2弦と3弦を半音下げてオープンF#7。で、ボトルネック使って弾く。

 

Tr.4 :: A.Guitar 3

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Chan EQ > Compressor > Space Dsn > Sample Dly
  • チューニングはTr.3と同じオープンF#7でこのトラックのアクセント付け。ちょっと大袈裟に音を揺らす。

 

Tr.5 :: A.Guitar 4

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Compressor > Chan EQ > Space Dsn
  • ギターのボディーを叩いてパーカッション代わりに。

 


History

2013.02.14: version 2.0
2003.06.22: version 1.0

Diary


 


Sources