*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Revolution 9 – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

「気付いてればクラレットのボトルを持ってきたのに、完全に忘れてたよ…ジョージごめん」
「次はそうしてくれよ」
「許してくれるかい?」
「ああ…このクソ野郎」
ナンバー9…

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の29曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはジョン・レノンの作品である。

ジョンが「革命を音で絵にしたもの」としたこの曲はビートルズとしては超異質なミュージック・コンクレート(musique concrète)で、ジョンが1966年に知り合った前衛芸術家オノ・ヨーコの影響が感じられる。

「レボリューション1」の12分にも及ぶ第18テイクの後半部分にEMIのライブラリーからの音源やジョン、ヨーコ、ジョージ・ハリスンのしゃべり声など様々な音が録音・加工・編集されて完成した。曲中何度も繰り返される”number-nine”という声はEMIのライブラリから拾った音で、メンバーの声ではない。

前曲「クライ・ベイビー・クライ」からポール・マッカートニーのCan You Take Me Back→ジョージ・マーティンとスタッフとの会話→ピアノの伴奏までが切れ目なく続いているためレコードではどこがこの曲のスタートポイントなのかが不明瞭だったが、CD化された時に「ジョージ・マーティンとスタッフとの会話」の前に29曲目のIDが打たれたことで、”8分21秒”がこの曲の正式な長さとなった。これはビートルズの公式発表曲の中では最長である。


George Harrison (1969)
Revolution Number 9 was all right, but it wasn’t particularly like a Beatles thing. But then again, you know, it worked very well in the context of all those different songs.

John Lennon (1971)
I thought I was painting in sound a picture of revolution, but I made a mistake, you know. The mistake was that it was antirevolution.

John Lennon (1980)
The slow version of ‘Revolution’ on the album went on and on and on and I took the fade-out part, which is what they sometimes do with disco records now, and just layered all this stuff over it. It was the basic rhythm of the original ‘Revolution’ going on with some twenty (tape) loops we put on, things from the archives of EMI. We were cutting up classical music and making different-size loops, and then I got and engineer tape on which some test engineer was saying, ‘Number nine.’ All those different bits of sound and noise are all compiled. There were about ten (tape) machines with people holding pencils on the loops– some only inches long and some a yard long. I fed them all in and mixed them live. I did a few mixes until I got one I liked. Yoko was there for the whole thing and she made decisions about which loops to use. It was somewhat under her influence, I suppose. Once I heard her stuff– not just the screeching and the howling but her sort of word pieces and talking and breathing and all this strange stuff, I thought, My God, I got intrigued… so I wanted to do one. I spent more time on ‘Revolution 9’ than I did on half the songs I ever wrote. It was a montage.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.3
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1-9 :: Loop Sound

  • しゃべり声、ストリングス、ブラス、メロトロン、オルガン、パーカッション、ギター、ラジオノイズ、歓声、笑い声、鳴き声、掛け声、爆発音、環境騒音…原曲を聴きながら手持ちの音源を駆使してそれに近い感じになるように短いループをたくさん作った。元データはDAW上で保持しているが、そのまま使うよりもその都度バウンスしてオーディオリージョンにしてしまった方が扱いやすかったので1-9トラックにバラバラに配置した。

 

Tr.10 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Soace D > Tape Delay
  • このパートだけループは作らず別トラックに置いた。

 


History

2013.11.17: version 2.0
2003.09.30: version 1.0

Diary


 


Sources