*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

Everybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

さあさあ
さあ こいつはお楽しみだ
さあ 気楽に行こうぜ
気楽に行こう 気楽に行こう
みんな秘め事があるんだよ 僕と僕のおサルさん以外はね

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の21曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。
最初のタイトルは"Come On Come On"だったが、ありきたりすぎるという理由からミドルエイトの歌詞をそのままタイトルにした。
ジョンによればこれは「ヨーコとのことを歌った曲」とのことだが、ジョージ・ハリスンは「"and my monkey"以外の歌詞は、全てマハリシ(彼らがレクチャーを受けていたインド導師)が語っていた言葉だ」と言っている。
イントロでスネアが2拍目の裏を叩いているせいで拍数がちょっとおかしく聞こえるが、アタマのバスドラムから歌の入りまできっちり4/4になっている。


John Lennon (1980)
That was just a sort of nice line that I made into a song. It was about me and Yoko. Everybody seemed to be paranoid except for us two, who were in the glow of love. Everything is clear and open when you’re in love. Everybody was sort of tense around us– you know, 'What is SHE doing here at the session? Why is she with him?’ All this sort of madness is going on around us because we just happened to want to be together all the time.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.8
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > Limiter

 

Tr.2 :: Chocalho

  • exs24 – Latain Kit
  • Chan EQ > Space Dsn

 

Tr.3 :: Maracas

  • Maracas
  • Chan EQ > Compressor > Space Dsn > Limiter

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • Gibson Les Paul Traditional (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Chan EQ > ADT > Exciter
  • 単音主体のギターパート。ハムバッキングっぽい音に聞こえたのでレスポールで。

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Fender JAPAN ST54-95LS (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Chan EQ > ADT > Exciter
  • コードリフ主体のギターパート。シングルコイルっぽい音に聞こえたのでストラトで。

 

Tr.6 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (P.U. select = front + rear)
  • Guitar Rig &gt ADT

 

Tr.7 :: E.Guitar 3

  • Epiphone Elitist CASINO (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Exciter > ADT
  • 2.0.*で何度かミックスしたんだけど何か物足りなくて弾き直したついでにCASINOも入れてしまった。

 


History

2013.07.09: version 2.0.2 published
2013.07.08: version 2.0.1 published
2013.07.07: version 2.0 published
2003.08.16: version 1.0 published

Diary


 


Sources