Eight Days A Week – The Beatles

BEATLES FOR SALE, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

君の愛が欲しいんだ
本当さ
君も僕の愛を求めて
僕が君を必要だと思うように
抱きしめて
愛して
抱きしめて
愛して
僕には愛のほかに何もないよ
週に8日分の愛さ

 
ビートルズが1984年にリリースしたアルバムBEATLES FOR SALEの8曲目(LP盤ではB面の1曲目)。ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作。

この曲はもともとは彼らの2作目の映画”Eight Arms To Hold you”(仮題。後に”Help!”となる)の主題歌として作られたものだった。タイトルは当時多忙を極めていたグループの実情をリンゴ・スターが「週に8日も仕事だなんて…」と嘆いていたのがきっかけだったとポールが語っている。
明るい曲調、わかりやすい歌詞、キャッチーなメロディはを併せ持つこの曲はやや内向的な作品が多いこのアルバムにあっては異彩を放っているが、逆にこれまでのビートルズの楽曲の流れを汲むものであるとも言える。そういう意味でジングルでのヒットも十分期待できる作品だったが、英国ではシングルカットされることはなかった。米国ではシングルが発売され(B面は「パーティーはそのままに」)、ビルボード誌で1965年3月週間ランキング2週間連続第1位となった。


John Lennon (1972)
Both of us wrote it. I think we wrote this when we were trying to write the title song for ‘Help!’ because there was at one time the thought of calling the film, ‘Eight Arms To Hold You.’
 
ふたりで書いた。たしか映画Help!に使うために作ったんだと思う。もともとあの映画はEight Arms To Hold Youっていうタイトルだったんだ。

John Lennon (1980)
‘Eight Days A Week’ was never a good song. We struggled to record it and struggled to make it into a song. It was his (Paul’s) initial effort, but I think we both worked on it. I’m not sure. But it was lousy anyway.
 
「エイト・デイズ・ア・ウィーク」はいい曲じゃなかった。でもなんとか自分たちを奮い立たせてレコーディングしたよ。ポールのアイデアだったんだけど、でもふたりで取り組んだ。よく覚えてないけどね。とにかく良くなかった。

Paul McCartney (1984)
Yeah, he (Ringo) said it as though he were an overworked chauffeur: (in heavy accent) ‘Eight days a week.’ (Laughter) When we heard it, we said, ‘Really? Bingo! Got it!'(Laughs)
 
ああ、忙しすぎてたまらなかった時にリンゴが言ったセリフさ。「週に8日」ってね。それを聞いて僕らは「おお!それだ!」ってなったんだよ(笑)。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.0
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Hand Clap

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
  • ミックスバランス調整のためメインキットと別のトラックに配置

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Rhythm on)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT
  • 通常のコードストローク

 

Tr.5 :: E Guitar 1

  • Gretsch Tennessee Rose (mix – Mid)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.6 :: E Guitar 2

  • Rickenbacker 360/12 (rear – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > ADT
  • イントロとエンディングにオーバーダビングされてるパート

 


History

2015.12.17: version 2.1.1
2015.12.14: version 2.1
2011.03.23: version 2.0
2002.10.01: version 1.0

Diary


 


Sources