Ain’t She Sweet 【いい娘じゃないか】 – The Beatles

composed by Milton Ager & Jack Yellen ©1961 Polydor International GmbH Hambrug
 

素敵じゃないか
通りを歩いてくるあの娘
君にだけこっそり教えてあげるよ
いい娘じゃないか

 

ミルトン・エーガーが娘シャナのために1927年に書いた曲で、後にスタンダードナンバーになった。

1961年6月。ビートルズはイギリスの歌手トニー・シェリダンの「マイ・ボニー」の録音にバックバンドとして参加した。レコーディングが行われたのは通常のスタジオではなく学校の小ホール。この時にトニーのボーカルによる「マイ・ボニー」の他に、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンの共作のオリジナル曲「クライ・フォー・ア・シャドウ」と「いい娘じゃないか」のカバーの2曲をトニー抜きで録音した。

当時既にジャズのスタンダードとして広く知られていたこの曲を彼らもステージ・レパートリーにしていた。基本的には1956年のジーン・ビンセントに倣ってメロウなアレンジだったのだが、このレコーディングではジョンが「激しいバージョン」と呼んだかなりアクセントの強い演奏だった。これは荒々しい演奏を好んだハンブルグの聴衆に合わせたものだと言われており実際ハンブルグでのライブではこのバージョンで演奏されることが多かったようだ。

「マイ・ボニー」は同年8月に「トニー・シェリダン&ザ・ビート・ボーイズ」のクレジットでポリドールから発売され、ドイツのローカルチャートで上位にランキングされた。バックバンドとしてではあるがこれがビートルズにとって初めてのレコード音源になった。

後にビートルズのマネージャーとなるブライアン・エプスタインが経営していた店に、このレコードを求める客が短期間のうちに立て続けに訪れたことがブライアンがビートルズを知るきっかけになった。

 


My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.3.2
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Compressor > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (Rear)
  • Amp > Channel EQ > Exciter > Compressor > ADT

 

Tr.4 :: Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (Rear – Hi)
  • Amp > Channel EQ > Compressor

 


History

2017.09.10: version 1.1
2010.08.28: version 1.0

Diary