映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!

よもやま話, 映画の話

IMG_9316相変わらずブームが続いてる「妖怪ウォッチ」の劇場第2作。
今回はタイトル通り5つの物語で構成された作品になっている。

1つ目はケータ。
2つ目はジバニャンとエミちゃん。
3つ目はコマさんとコマじろう。
4つ目はイナホとUSAピョン。
各々全く独立した物語なのだが、これが5つ目のメインストーリーで融合する。
 

絶好調なメインキャラクター

ブーム真っ只中なだけあって登場人物(妖怪)は思う存分キャラを発揮してる。スクリーンの中で活き活きとしてて心地いい。
妖怪化したケータは楽しかったし、ジバニャン、ブシニャン、ロボニャンもすっちゃかめっちゃか。
コマさんとコマじろうもいつものほんわかモード。
ただ、USAピョンは最近出てきた妖怪で僕的にはあまり思い入れがない。イナホも含めて世界観がメインのケータたちとはちょっとズレてる気がして、未だに馴染めない。ウィスパーが「最近ぽっと出のキャラでしょ」と言ってた。悪いけど同感。
こいつ、ちょっと怒ると「ベイダーモード」。更に怒ると「エンペラーモード」で凶暴化する。
ベイダー、エンペラー(皇帝)…なるほど。

今回映画のためにゲスト声優が呼ばれていた。
堀ちえみ、長澤まさみ、武田鉄矢、あと良く知らない若手芸人コンビ。

長澤まさみはイマイチだった…抑揚がなくて一本調子。俳優だったらそれでいいんだけど、声だけで勝負する声優としてはあれじゃ厳しい。
エミちゃん重要なキャラだったのに。残念だ。
 

「最強キャラ」に感じる一抹の不安

今回の敵キャラは「ぬらりひょん」。
それに対抗する味方キャラは「エンマ大王」。

いずれも尋常ではない強さだ。
他の妖怪では全く太刀打ち出来ない。

この「強いキャラ持ち込み設定」は、僕的には「オワコン目前フラグ」という感じがしてる。
物語で勝負するのをやめ、ひたすら強いキャラを出し続けることで無理やり話を継続させるという手法。継続させることはできるんだけど、魅力はなくなってくる。

ドラゴンボールなんかその典型だった。
ピッコロ大魔王まではストーリーそのものやキャラ全員に魅力があったのに、サイヤ人の話以降は初期からの主要キャラがどんどん軽く扱われるようになってしまう。
ポケモンのことは詳しくないんだけど、なんとなく同じ末路をたどっているような気がする。

今回の「ぬらり」と「エンマ」は特別だったと思いたい。
来年の12月に劇場版第3弾を公開するらしいんだけど、ここでエンマよりさらに強い敵…という安直な設定を持ってくるとしたら、このブームも先が見えてくるかもしれない。