宅録・While My Guitar Gently Weeps 04

A.Guitar, E.Guitar, Bass
 

再録。
宅録日記の過去ログ漁ったら今回が4日目だったので「04」で。

前テイクで不満だったのはなんといってもギターの音。
あらためてよく聴いたら音だけじゃなくてフレージングも違ってた。トラックも足りてなかった。
ついでに試したいこともあってベースも入れ替え。

  • アコースティックギター。Headway HD-113 SE/STD。FはFmaj7じゃなくてFらしい。
  • エレクトリックギター。クラプトンのリードパートの他にAmajorに転調したところでベースとユニゾンっぽい音が鳴ってる。Gibson Standard Historic 1958 Les Paul。ミックスポジションのフルトーン。
  • ベース。リッケンバッカーだという先入観があったんだけど実はジャズベなんじゃないかと思いミュートさせて弾いてみたらこれがイメージ通り。リッケンバッカーだとミュートさせてもこういう感じにならなかったのでちょっと感激。ビンテージのジャズベにはミュート機構があったんだ。なるほどね。でも手持ちのジャズベには残念ながら付いてないのでポロンのシートをブリッジ側に挟んでミュートさせた。満足。
    これで動画作ったらまた「ビートルマニア」が発狂して「リッケンバッカーリッケンバッカーリッケンバッカー」ってコメントがきそうだ(笑)。

 

残すはメインのリードギター。
もう一度ちゃんとコピー&練習して録音しよう。
もちろんあの「音作り」も。

がんばる。

While My Guitar Gently Weeps – The Beatles

 

Diary & Music