Hofner 500/1用ストラップ


IMG_2834
購入年月日2012年11月2日
購入価格¥3,990
購入場所McC (online shop)


Hofner 500/1 vintage 62にはストラップ用のピンが付いていない。
ポール・マッカートニーが使っていたものを忠実にコピーすると楽器としてはこういう仕様になってしまう。正しい。
しかし普通に考えたらストラップを付けられないベースギターなんてありえないわけで。

まぁいろいろ困ったチャンなベースなのだ。

2002年にこのベースを購入した時、ストラップが付属していた。

本体にエンドピンがないが故にそこらで売ってるストラップは使えない。粗利の非常に大きいこのベースに専用のそれを付属するというのはサービスというよりむしろ当然のことでしょうという気がする。
ところが、購入当時はバンドというものから遠ざかっていたためこのストラップを使う機会がなく、ずっと放置してしまっていた。

そんな状態のまま。気がつけば10年が経過。
再びバンド活動を始めて、ライブの機会が訪れて、ストラップを引っ張りだしてみると…

表面のひび割れがひどいことに。
IMG_2830

しかしなにせ特殊なストラップ。そのへんで買えるわけでもなく。
仕方がないのでこれを使ってみたが、やっぱダメ。ボロボロ崩れてきて気分が悪い。

そこで、ネットを漁ってMcCという大阪のショップから購入することにした。
指定されて金額を振り込むと、即商品が発送された。

自宅に届いた宅急便の袋に入っていたものは
IMG_2825

ビニールにくるまれただけの超簡易梱包のストラップ。
IMG_2826

ショップオリジナルの取扱説明書がこれまた泣かせてくれる。
IMG_2827

とまぁ手作り感満点のしろものではあるんだけど、さすがにモノはしっかりしてる。
IMG_2828

説明書の通りに本体に取り付けてみる。

ブリッジ側はテールピースにフックを引っ掛けるのが初期のポール流なのだが、このやり方だと本体に傷が付くしそれより何より僕には弾きにくいものになっていまうので、ベース購入時に付属していた金具をテールピースに取り付けてここに引っ掛ける。

うん、満足満足。