Gibson Custom Shop 1960s J-160E

購入年月日2018年9月29日
購入価格¥200,000
購入場所島村楽器 (りんくうプレミアム・アウトレット店)


1954年から生産が開始され、同社のCF-100Eとともに現在の「エレクトリック・アコースティック(エレアコ)」ギターの嚆矢とされるモデル。

基本的な構造は同社の主力アコースティックギターであるJ-45のボディにエレクトリック・ギター用のピックアップP-90を取り付けたもの。但しアンプにつないだ時のハウリングを抑えるためボディのトップは合板、力木はラダー・ブレイシング(J−45などはX−ブレイシング)を採用。サドルの高さを簡単に調整できるアジャスタブル・ブリッジとも相まって通常のアコースティックギターに比べて音量も小さくサスティンも短い。

「アンプに繋いで大音量で鳴らせるアコースティックギター」というのがこのモデルのコンセプトだったが、磁気ピックアップで弦振動を拾う構造はフルアコのエレクトリックギターと全く同じなのでアンプやPAに繋いだ場合にはエレクトリックギターの音色になる(生音に近い音色が得られるピエゾタイプのピックアップが開発されたのは1970年代以降)。またブリッジが普通のアコースティックギターと同様の非電導の素材のため弦アースが取れず、ノイズが大きいという欠点がある。現行モデルではサドルの裏から弦アースを施してある。

ビートルズのジョン・レノンとジョージ・ハリスンは1963年にリバプールのラシュワース楽器店でお揃いのJ-160Eを入手してデビューの当初から多用した。ジョンの最初のJ-160Eは盗難にあってしまい1964年に2本目を購入。日本公演でもサブギターとして用意されていたこの2本目のギターは1967年の「愛こそはすべて」のレコーディングの頃に紫とオレンジを基調にしたサイケカラーに塗られ、そのあと塗装が剥がされた。1969年のジョンとヨーコの「ベッド・イン」で歌われた「平和を我等に」でナチュラルカラーのJ-160Eを弾くジョンの姿が見られる。盗まれた1本目は2015年にサンディエゴで発見され、その後オークションにかけられ約3億円で落札された。またポール・マッカートニーも、スクエア・ショルダーのJ-160Eを所有している。

僕は「宅録ビートルズ」に取り組んでいた時はこのギターは持っていなかった。アコースティックギターはYAMAHAのFG-520のみ。見た目がサンバーストなので動画を見てくれた人の中にはジョンやジョージと同じギブソン製だと勘違いした人もいたんだけど、J-160Eは触ったことすらなかった。

スコアのチャンネルのコンテンツの参考に他人の動画をあれこれ見ているうちにだんだんこのギターに興味が出てきた。絵的にはもちろん音的にも面白そうだ。これを買うとなるとYAMAHA FG-520の出番は完全になくなってしまう。安物とはいえ20年以上付き合ったギターでそれなりに思い入れもあったんだけどJ-160Eを買う気が先走って早々に手放してしまった。

受け入れ体制は万全。
でもなかなかこれだというものに巡り会えない。

このギターの特徴は「P-90」「合板トップ」「アジャスタブルサドル」。
エピフォン製でEJ-160EというJ-160Eを模した安価なモデルがある。見た目は本家と同じなんだけど「ハムバッキング」「単板トップ」「固定サドル」と中身は全くの別物なので触手が動かない。やっぱ本家ってことになる。

サイトで見ていて「お!」っと思ったものはだいたいが1962仕様で仕上げがVOSのモデル。ただ値段は300,000円クラス。高すぎる。250,000円ほどのアウトレット品を2本ほどネットで見つけて店に足を運んだこともあったが栄では現品を前に決断できず新宿では在庫切れ。

つくづく縁が無い。

ある日、デジマートで200,000円クラスの新古品を発見。
ビートルズの来日50周年に合わせて2016年に島村楽器がオーダーしたJ-160E。1962/64年の仕様が模されたもので限定75本の生産だったらしい。
新品定価は360,000ほどもするのにこれは長期展示品だったようで超お値打ち。

是非見たい触りたい。

展示店舗を聞いてみると「りんくうプレミアム・アウトレット」とのこと。
関空か…遠すぎる。往復すると20,000円くらいかかる。
全国展開してる島村楽器さんなので近くの店舗まで転送できないか聞いてみると「それは無理」と。

うむむむむむむむ。

現品見ずに買うのは怖い。でもこの価格での新古品を逃すのも惜しい。
傷はどうせ使ってるうちにつくので大きなものじゃなければ別に気にしないんだけど。
若干の不安を抱きつつも価格の魅力に押されて購入ボタンをポチッ。翌日に届いた。

「擦り傷」とか書いてあったけどどこにあるのか全然見えない。この程度で45%オフはお値打ちすぎる。
塗装は…VOSじゃないからさすがに表面はテカってたけど薄めだし。問題なし。

で、弾いてみたらこれが笑っちゃうくらい鳴らない。
エレキの弦なので押さえるのは楽ちん。ジョンがこれ気に入ったのなんとなくわかる気がする。
でもほんとに鳴らない。天板でサスティーンが瞬殺されてるのがよくわかる。
アコギとしてはいかがなものかなんだけど、たしかに「あの音」だ。

ピックとキーホルダーと、あと純正の弦が2セット同封されていた。
ありがたい。

 


 


宅録使用曲一覧