All You Need Is Love 【愛こそはすべて】 – The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1967 Northern Songs Ltd.
 

なんだって成し遂げられる
どんな曲だって歌うことができる
言葉にしなくても人生を楽しむ方法はたくさんある
簡単なことさ

 
1967年に発売されたビートルズ15枚目のオリジナル・シングルのA面(B面は「ベイビー・ユー・アー・ア・リッチマン」)。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはジョン・レノンの作品である。
同年にビートルズ自身が製作・主演したテレビ用の映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の米キャピトル編集盤サウンドトラック・アルバムのラスト、及び1968年に製作・公開されたアニメーション映画「イエロー・サブマリン」のサウンドトラック・アルバムの6曲目(LP盤ではA面のラストナンバー)にも収録されている。「イエロー・サブマリン」では劇中で使われたが、「マジカル・ミステリー・ツアー」では使用されていない。

1967年6月25日。放送衛星を用いて31ヶ国で同時放送されたテレビ番組Our World 【われらの世界】にイギリス代表として出演することになったビートルズがこの番組のために書いた曲。放送に関しては「新曲をスタジオで録音している風景」という契約で、さらにBBCからはこの『新曲』に関して「世界中の誰が聴いてもわかりやすいテーマで」という注文があった。
ジョンがこの曲を書き上げてセッションに入ったのは放送本番のわずか10日前のことだった。「作るのには30分もかからなかったけど、歌いこなせるようになるまでには1週間かかったよ」とジョンは回顧している。

中継ではあらかじめ録音してあったベーシックトラックを流しながら、ジョンのボーカル、ポール・マッカートニーのベース、ジョージ・ハリスンのギターソロ、リンゴ・スターのドラム(オーバーダブ)、管弦楽のパートを録音。さらにスタジオ内にエリック・クラプトン、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、マリアンヌ・フェイスフル、キース・ムーン等多くの友人が招かれ、全員でエンディングのコーラスを歌った。

その夜中にイントロのドラムロールと再度ジョンのボーカルを録音して完成。

この曲には様々な別の楽曲が盛り込まれている。
まずイントロは当時イギリスと犬猿の仲だったフランスの国歌「ラ・マルセイエーズ」。エンディングでジョンは「イエスタデイ」や「シー・ラブズ・ユー」を口ずさみ、管弦楽はグレン・ミラーの「イン・ザ・ムード」やイギリス民謡の「グリーン・スリーブス」等を奏でている。管弦楽のスコアはジョージ・マーティンが「著作権が切れてる」曲を盛り込んだつもりだったのだが、実は「イン・ザ・ムード」の著作権はまだ切れておらず使用料を払うことになってしまった。
 


Paul McCartney (1967)
We had been told we’d be seen recording it by the whole world at the same time. So we had one message for the world– Love. We need more love in the world.
 
世界中で同時放送されるって聞かされてた。だから僕らは「愛」を世界に向けたメッセージとして発信したんだ。この世界にはもっと「愛」が必要だとね。

John Lennon (1971)
I think if you get down to basics, whatever the problem is, it’s usually to do with love. So I think ‘All You Need is Love’ is a true statement. I’m not saying, ‘All you have to do is…’ because ‘All You Need’ came out in the Flower Power Generation time. It doesn’t mean that all you have to do is put on a phoney smile or wear a flower dress and it’s gonna be alright. Love is not just something that you stick on posters or stick on the back of your car, or on the back of your jacket or on a badge. I’m talking about real love, so I still believe that. Love is appreciation of other people and allowing them to be. Love is allowing somebody to be themselves and that’s what we do need.
 
物事の根本を辿ればその問題が何であれそれは愛に基づいてる。だから「愛こそはすべて」というのは真っ当な主張だと思うよ。「こうしなくちゃいけない」と言ってるわけじゃない。「君に必要なのは」というのはフラワーパワー世代からきてるんだ。作り笑いや花柄のドレスをまとわない限りうまくいかない、って意味じゃないよ。愛は単にポスターに書いたり車の後ろに貼り付けたりジャケットの裏地に縫い付けたりバッジにしたりするようなものじゃない。僕は本当の愛について語ってるんだ。愛ってのは人に対しての感謝とあるがままのその人を受け入れることだって信じてる。そしてそういう愛こそが僕らに必要なものなんだ。

Paul McCartney (1994)
‘All You Need Is Love’ was John’s song. I threw in a few ideas, as did other members of the group, but it was largely ad libs like singing ‘She Loves You’ or ‘Greensleeves’ or silly little things like that at the end, and we made those up on the spot.
 
「愛こそはすべて」はジョンの曲だ。僕は他のメンバーと同じ程度にほんの少しアイデアを出しただけさ。エンディングに「シー・ラブズ・ユー」を歌ったり「グリーン・スリーブス」を入れたりみたいな他愛もないことをね。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.3.1
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Rim Shot & Hand Crap

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Channel EQ > Space Dsn > Limiter

 

Tr.3 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (front – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Amp > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.6 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Compressor

 

Tr.7 :: Harpsichord 1

  • KONTAKT 5 – Harpsichord
  • Channel EQ > Space D > Compressor

 

Tr.8 :: Harpsichord 2

  • KONTAKT 5 – Harpsichord
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.9 :: Piccolo Trumpet

  • KONTAKT 5 – Trumpet
  • Exciter > Channel EQ > Compressor

 

Tr.10 :: Trumpet

  • KONTAKT 5 – Trumpet
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.11 :: Trombone

  • KONTAKT 5 – Trombone Ensemble
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.12 :: Horn

  • KONTAKT 5 – French Horn Ensemble
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.13 :: Tenor Sax

  • KONTAKT 5 – Tenor Saxophone
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.14 :: Violine

  • KONTAKT 5 – Violine Solo
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.15 :: Double Bass

  • KONTAKT 5 – Double Bass Solo
  • Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.16 :: Strings

  • KONTAKT 5 – Strings Ensemble
  • Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.17 :: Accordion

  • KONTAKT 5 – Accordion
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.18 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.19 :: Atmosphere

  • exs24 – Busy Hotel Lobby
  • Space D

 

Tr.20-22 :: Chorus

  • Vocal Transfer > Channel EQ > ADT > Space D > Limiter > Channel EQ > Compressor

 


History

2017.05.07: version 2.1
2012.11.27: version 2.0
2003.05.31: version 1.0

Diary


 


Sources