Sexy Sadie – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

セクシー・セディー
なにをやらかしたんだ
お前は世界を愚弄した
世界を愚弄したんだよ
セクシー・セディー
なにをやらかしたんだ

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の22曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品。彼らが教えを請うたインドの導師マハリシ・マヘシ・ヨギに対する失望、怒りがテーマになっている。

当初のタイトルはズバリ “Maharishi”で、初期のテイクには、”Maharishi, you fucking cunt. Who the fuck do you think you are?”という歌詞が入っており、ポール・マッカートニーはこれに乗り気だったがジョージ・ハリスンの説得で撤回された。Sadieというのはヒンズー教の行者Saadhu(サドゥー)をもじったジョンの造語。

ビートルズがマハリシと決別した理由は、一般にはマハリシの俗人性に疑問を抱いたからだとされている。しかしマハリシの弟子でビートルズのメンバーとも親しかったディーパク・チョプラは、ビートルズやミア・ファローなど彼らの取り巻きたちが再三注意されていたにもかかわらずマハリシの道場で麻薬やLSDを服用していたことにマハリシが立腹し、最終的に退去を言い渡したのだと言っている。


John Lennon (1980)
That was inspired by Maharishi. I wrote it when we had our bags packed and we’re leaving. It was the last piece I wrote before I left India. I just called him, ‘Sexy Sadie,’ instead of (sings) ‘Maharishi what have you done, you made a fool…’ I was just using the situation to write a song, rather calculatingly but also to express what I felt. I was leaving the Maharishi with a bad taste. You know, it seems that my partings are always not as nice as I’d like them to be.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.8
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > ADT > Limiter
  • Hand Clapもここに

 

Tr.2 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Chan EQ > Space Dsn

 

Tr.3 :: Piano

  • exs24 – YAMAHA Grand Piano
  • Exciter > Chan EQ > Space Dsn > Tape Delay

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Chan EQ > ADT > Exciter

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Gibson Les Paul Traditional (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Chan EQ > ADT > Exciter

 

Tr.6 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (P.U. select = front + rear)
  • Guitar Rig

 

Tr.7 :: Organ

  • EVB3
  • Compressor > Rotor

 


History

2013.07.20: version 2.0 published
2003.08.17: version 1.0 published

Diary


 


Sources