*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

Savoy Truffle – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by George Harrison ©1968 Harrisongs Ltd.
 

クリーム・タンジェリンとモンテリマール
ジンジャー・スリングにパイナップル・ハート
それにコーヒー・デザート
これぞ「グッド・ニュース」
でもサボイ・トリュフを食べた後には
他のものなんていらなくなっちゃうよ

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の27曲目。ジョージ・ハリスンの作品。

甘党でことさらチョコレートが好きだったエリック・クラプトンをネタにした曲。歌詞にある”Good News”というは、当時発売されていた英国Rowntree Mackintosh社のチョコレート詰め合わせの名前だ。
キーボードを弾いているのはレコーディング・プロデューサーのクリス・トーマス。ブラスのスコアも彼が書いた。
セッション・ミュージシャンの素晴らしい演奏をいい状態で録音できたと喜ぶクリスに対して、ジョージはこのブラスにディストーションを掛けて音を歪ませる事を提案した。自分たちの録音を聴きにコントロール・ルームにやって来たミュージシャン達にジョージは「せっかくのプレイをこんな音に加工してしまって申し訳ない。でもこれが僕の欲しい音なんです」と謝った。彼らとしてはきっと気分の良いものではなかったはずだが、特に問題にはならなかった。
歌詞のうち”You know that what you eat you are”のくだりはアップルの広報担当だったデレク・テイラーによるもの。


George Harrison (1977)
‘Savoy Truffle’ on The White Album was written for Eric (Clapton). He’s got this real sweet tooth and he’d just had his mouth worked on. His dentist said he was through with candy. So as a tribute I wrote, ‘You’ll have to have them all pulled out after the Savoy Truffle.’ The truffle was some kind of sweet, just like all the rest– cream tangerine, ginger sling– just candy, to tease Eric.

George Harrison (1980)
‘Savoy Truffle’ is a funny one written whist hanging out with Eric Clapton in the ’60s. At that time he had alot of cavities in his teeth and needed dental work. He always had a toothache but he ate alot of chocolates– he couldn’t resist them, and once he saw a box he had to eat them all. He was over at my house, and I had a box of ‘Good News’ chocolates on the table and wrote the song from the names inside the lid. I got stuck with the two bridges for a while and Derek Taylor wrote some of the words in the middle– ‘You know that what you eat you are.’

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.3
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space D > Limiter
  • スネアはタオルミュートの音でややタイトに

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (P.U. select = front + rear)
  • Guitar Rig
  • ピック弾き

 

Tr.3 :: Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT > Exciter
  • リズムパート

 

Tr.4 :: Guitar 2

  • Gibson Les Paul Traditional (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT > Exciter
  • リードパート

 

Tr.5 :: E.Piano

  • E-Piano (Logic) – Deluxe Classisc
  • Compressor > ClipDist > Channel EQ > Exciter > Space D
  • イントロと一部バッキングで鳴ってるエレピ。ディストーションかけて若干歪ませた

 

Tr.6 :: Organ

  • Vintage B3 (Logic)
  • Compressor > Space D

 

Tr.7 :: Sax Section

  • KONTAKT 5 – Sax Section
  • Dist II > Channel EQ > Ensemble > PShift > ADT > Gain
  • ジョージがやったように、グロートーン気味のサックスアンサンブルにディストーションかけた。なるほど。確かに。

 

Tr.8 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Channel EQ > Space D

 


History

2013.10.16: version 2.0
2003.09.20: version 1.0

Diary


 


Sources