Revolution 1 – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

革命を起こしたいって?
僕らはみんな世界を変えたいさ
それこそが進歩だって言うのかい?
ああ 僕らは世界を変えたいのさ

 

ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の25曲目(LP盤ではD面の1曲目)。クレジットはLennon-McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。

レコーディングセッションで録音されたオリジナルテイクは12分にも及ぶ長いもので、このテイクの前半部分が「レボリューション1」、後半のフリーな展開を基にミュージック・コンクレート調にまとめられたのが「レボリューション9」だ。

ジョンは自分たちの政治的スタンスを世に示す機会としてこの曲のシングル化を希望していたが、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンに「テンポが遅い」と言われて断念。そこで「レボリューション1」をアップテンポにしてシングル用にリメイク。このバージョンが「レボリューション」としてシングルになったが、ジョンの意に反してB面扱いになってしまった。カップリングされたA面は「ヘイ・ジュード」だった。

歌詞中”When you talk about destruction, don’t you know that you can count me out”と歌った直後に”in”と入れているのは暴力的革命に対する彼の心の迷い。ボーカルの録音には相当難儀したようで、なかなか気に入ったテイクが録れないことに嫌気が差したジョンは最後にはとうとうスタジオの床に寝転がって歌った。


John Lennon (1980)
Completely me. We recorded the song twice. The Beatles were getting real tense with each other. I did the slow version (Revolution 1) and I wanted to put it out as a single: as a statement of the Beatles’ position on Vietnam and the Beatles’ position on revolution. The first take of ‘Revolution’ …well, George and Paul were resentful and said it wasn’t fast enough. Now, if you go into the details of what a hit record is and isn’t, maybe. But the Beatles could have afforded to put out a slow, understandable version of ‘Revolution’ as a single, whether it was a gold record or a wooden record.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.3
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (P.U. select = front)
  • Guitar Rig
  • 輪郭の無い音なのでトーンを半分くらいにして指弾き。

 

Tr.3 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > ADT
  • リズムパート。このテのフレーズは普通セーハでミュートしながら鳴らすんだけど、原曲聞いてたらそれほどタイトではない気がしたので開放弦使いまくり。その上オルタネイトという脱力状態。

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT > Exciter
  • アクセント付け的にコードとリフをサポートする感じ。

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Gibson Les Paul Traditional (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT > Exciter
  • リードパート。エンディングは2本の掛け合いのようにも聞こえるが1本で。しかもちょっと適当になってしまった。

 

Tr.6 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D
  • 主に低音サポート。

 

Tr.7 :: Trumpet

  • KONTAKT 5 – Trumpet Ensemble

 

Tr.8 :: Trombone

  • KONTAKT 5 – Trombone Ensemble

 

Tr.9 :: Percussion

  • KONTAKT 5 – African Shaker
  • Exciter
  • イントロでなってるガシャガシャした音。素性が全然わからない。KONTAKTのAfrican Shakerが近いように思えたので、この音を当ててみた。

 


History

2013.09.26: version 2.0 published
2003.09.15: version 1.0 published

Diary


 


Sources