*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Piggies – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by George Harrison ©1968 Harrisongs Ltd.
 

泥の中を這う子豚たちを見たことあるかい?
子豚たちにとって生きるのはしんどくなる一方さ
いつも汚い遊びばっかりで

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の12曲目。ジョージ・ハリスンの作品。

“What they need’s a damn good whacking” は彼の母親による一節。最後の”You can see them out for dinner〜eat their bacon”のくだりと豚の鳴き声のSEはジョンのアイディア。

メインの楽器であるハープシコードを演奏しているのはこの時期休暇中だったジョージ・マーチンに代わってプロデューサーを務めていたクリス・トーマス。「ハープシコードを入れたらどうだろう?」と提案したクリスにジョージが「そうだな。じゃぁキミが弾いてくれよ」と依頼した。ハープシコードはアビーロードの第1スタジオにあり、最初はこれをビートルズのメインスタジオである第2スタジオに持ち込もうとしたがそれはできなかったため、ビートルズのメンバーが第1スタジオに移動してベーシックトラックを録音した。ジョージはクリスとハープシコードであれこれやっている最中に後に「サムシング」として発表される曲の原形とも言えるものをクリスに披露している。クリスが「すごくいい曲じゃないか!」と言うとジョージは「そうかい?じゃぁジャッキー・ロマックスにでも歌わせようか」と返したらしい。またこのセッション中にポールも「レット・イット・ビー」の原形となる曲を歌っていた。


George Harrison (1980)
‘Piggies’ is a social comment. I was stuck for one line in the middle until my mother came up with the lyric, ‘What they need is a damn good whacking’ which is a nice simple way of saying they need a good hiding. It needed to rhyme with ‘backing,’ ‘lacking,’ and had absolutely nothing to do with American policemen or Californian shagnasties !

John Lennon (1980)
I gave George a couple of lines about forks and knives and eating bacon.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.7
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Chan EQ > Space Dsn

 

Tr.2 :: Kick

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer -Late 60’s Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > Limiter
  • ほとんど聞こえない。レベル控えめ。

 

Tr.3 :: Harpsichord

  • KONTAKT 5 – Harpsichord
  • Chan EQ
  • ほぼ全編データ入力。ピアノと違って抑揚の付けられない楽器なので、ラクさせてもらった。映像撮らなきゃならないので結局練習したけど、この弾き方はちょっとインチキ。ちゃんと弾ける人はこのフレーズなら片手で弾けると思う。

 

Tr.4 :: Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Chan EQ > Compressor > Sample Dly
  • 手元のスコアには12strings guitarって書いてあって確かに12弦のようにも聞こえるんだけどハープシコードでかなり倍音出てるのでここは普通のギターで全然OKだと思う。そもそも12弦持ってないので。
    あとイントロでほんのわずかに突っ込み気味に入ると原曲っぽくなる。細かいことだけど、こだわってみた。

 

Tr.5 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (P.U. select = rear)
  • Guitar Rig
  • ピック弾き。フルトーン。

 

Tr.6 :: Violin

  • KONTAKT 5 – Violin Ensemble
  • Chan EQ

 

Tr.7 :: Cello

  • KONTAKT 5 – Cello Ensemble
  • Chan EQ

 

Tr.8 :: Double Bass

  • KONTAKT 5 – Double Bass Ensemble
  • Chan EQ

 

Tr.9 :: Piggies

  • Original source
  • 原曲のリージョンを切り貼りして作成

 


History

2013.04.18: version 2.0
2003.07.13: version 1.0

Diary

 


Sources