*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Mother Nature’s Son – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

田舎の質素な家に生まれた少年
母なる自然の子
1日中ここに座って
みんなのために歌ってる

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の20曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

俗離れした自然傾倒的な歌詞には当時レクチャーを受けていた導師マハリシの影響が感じられる。ジョン・レノンも同じく「自然」をテーマにした”I’m Just A Child Of Nature”という曲を作っていた。これは形を変えて後年「ジェラス・ガイ」として発表される。

外部ミュージシャンによるブラスセクション以外はすべてポールによるもので、ビートルズの他のメンバーは参加していない。
このアルバムでは各メンバーが独立して作業をすることが多かったとされているが、なかでもポールのワンマンぶりは突出している。バンドとして曲を作り上げることよりも、自分の曲は自分の思い通りにやりたいという思いが他のメンバーよりも強かったのだろう。しかしこれは逆に言えば他のメンバーへの信頼が薄れてきていたことの表れとも言える。そういった態度がバンドに軋轢とまではいかなくてもおかしな緊張感を生んでいたのかもしれない。
レコーディングスタッフによれば、この曲でもポールがスタッフとアレンジの打ち合わせをしている時はいい雰囲気だったのに、そこに不意にジョンとリンゴ・スターが現れた時、スタジオの空気が凍りついたような緊張感が生まれたんだそうだ。


Paul McCartney (1968)
It says ‘Born a poor young country boy’ and I was born in Woolton hospital actually– so it’s a dirty lie.

John Lennon (1980)
Paul. That was from a lecture of Maharishi where he was talking about nature, and I had a piece called ‘I’m Just A Child Of Nature,’ which turned into ‘Jealous Guy’ years later. Both inspired from the same lecture of Maharishi.

Paul McCartney (1994)
I seem to remember writing ‘Mother Nature’s Son’ at my dad’s house in Liverpool… I’ve always loved the song called, ‘Nature Boy’ …’Mother Nature’s Son’ was inspired by that song. I’d always loved nature, and when Linda and I got together we discovered we had this deep love of nature in common. There might have been a little help from John with some of the verses.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.8
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: A.Guitar 1

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Gain > Chan EQ > ADT
  • メインのバッキング

 

Tr.2 :: A.Guitar 2

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Gain > Chan EQ > ADT
  • トラック1でミストーンしたりアクセント不足だったりした箇所を部分的にサポートするために入れたトラック。

 

Tr.3 :: A.Guitar 3

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Gain > Chan EQ > ADT
  • 最後のバースで登場するギターパート。

 

Tr.4 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > Limiter
  • バスドラムのみ

 

Tr.5 :: Foot Step

  • foot step
  • Gain > Chan EQ
  • Bメロ部分でリズムを刻んでいる音。Blackbirdの時に録った靴音を使った。

 

Tr.6 :: Timpani

  • KONTAKT 5 – Timpani

 

Tr.7 :: Trumpet

  • KONTAKT 5 – Trumpet Ensemble

 

Tr.8 :: Horn

  • KONTAKT 5 – French Horn Ensemble
  • Chan EQ

 

Tr.9 :: Trombone

  • KONTAKT 5 – Trombone Ensemble
  • Chan EQ

 

Tr.10 :: Tuba

  • KONTAKT 5 – Tuba

 


History

2013.06.15: version 2.0 published
2003.08.15: version 1.0 published

Diary


 


Sources