Julia – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

僕の言ってることの半分くらいは深い意味なんかなくて
でも僕はただ君に近づきたくておしゃべりしてるんだ
ジュリア

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の17曲目(LP盤ではB面のラストナンバー)。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはジョン・レノンの作品である。

アルバムセッションの最後に録音された曲で、ジョンがギターを弾きながら歌い、他のメンバーは参加していない。
「ジュリア」はジョンが17歳の時に交通事故で死亡した彼の母親。この歌は母への歌であると同時に、当時ジョンの恋人で後に彼の妻となるオノ・ヨーコへの思いを綴った曲でもある。ヨーコ(小野洋子)は自分の名前「洋子」の意味は”Ocean Child”である、とジョンに教えたが、これがそのまま歌詞に登場している。
ギター伴奏は「ディア・プルーデンス」や「ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」と同じスタイル。これはインドに滞在している時にドノバンから伝授された奏法である。


John Lennon (1972)
Me. Yoko helped me with this one.

John Lennon (1980)
Julia was my mother. But it was sort of a combination of Yoko and my mother blended into one. That was written in India… We wrote tons of songs in India.

Paul McCartney (1994)
The interesting thing for me on ‘Julia’ is the finger-picking (guitar) style. He learned to fingerpick off Donovan or Gypsy Dave… That was John’s song about his mum, folk finger-picking style, and a very good song.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.7
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Guitar 1

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Chan EQ > ADT

 

Tr.2 :: Guitar 2

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Chan EQ > ADT
  • Tr.1のサポート

History

2013.05.26: version 2.0.1
2013.05.24: version 2.0
2003.08.14: version 1.0

Diary


 


Sources