Happiness Is A Warm Gun – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

彼女は何かに執着するような女じゃないんだ
窓ガラスを這うトカゲのようなベルベットの手で触れてあらゆることを知る
群衆の中で鋲釘付きのブーツの上にきらびやかな鏡を置いてる男は
目で嘘をつきながら手はいつも忙しそうに動いてる
ひとつの石鹸が彼に喰われて非営利団体に渡された彼の妻のことを思い起こさせる

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバムTHE BEATLES (White Album)の8曲目(LP盤ではA面のラストナンバー)。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはジョン・レノンの作品である。
製作中の仮題は”Happiness is a Warm Gun in Your Hand”。ビートルズの広報担当であるデレク・テイラーが作詞に一部協力した。
“Happiness Is A Warm Gun”と”Mother Sperior Jump The Gun”と”I Need A Fix”というもともと個別に作った3つの曲をつなげたもの。短編小説の集合体の如きこの曲について、ジョンは「ロックンロールの歴史みたいなもの」と述べている。ジョンの曲は変拍子になることが多いがこの曲のリズムは特に複雑。ブリッジ前に5/4が入ったりギターとドラムがポリリズムになったり、演奏するのは大変だったようだ。
“I need a fix~”の1回目がギターソロになっているがこの部分はもともと2回目と同じボーカルがかぶっていた。ギターに置き換える時にボーカルの最後の部分が消去しきれず”down”の一節が残っている。

タイトルはジョージ・マーチンが手にしていたアメリカの銃器専門雑誌に書かれていた記事をそっくりそのまま拝借した。ちなみにその記事のタイトルの元ネタはチャールズ・シュルツの”Happiness is a Warm Puppy (スヌーピーのしあわせは…あったかい子犬 )”であった。

“Gun”は「銃器」「火器全般」という一般的な意味の他に「性交」「ドラッグの使用」の隠喩であると解釈されることが多い。
第一節では性欲の発散を求める男が現れ、標的となる相手の苦痛を省みずに快楽を求めるさまを描く。
第二節では麻薬を欲する男に女子修道院長が注射の針で穴を開ける。
第三節では銃にとり憑かれたこの男が他者を省みずに銃を使い自分が一人前の男であると感じる。
いずれも「他者の犠牲の上に成り立つ自己満足」という主題を示している。
こういった歌詞が問題視され、アメリカのラジオ局では放送禁止になり、アルバムにはウォーニング・ステッカーが貼られることになってしまった。

ジョン自身はこの曲はドラッグソングではないとしている。
ポール・マッカートニーは「ホワイトアルバムではこの曲がいちばん好き」と述べている。


Paul McCartney (1968)
The idea of ‘Happiness Is A Warm Gun’ is from an advert in an American paper. It said, Happiness is a warm gun, and it was ‘Get ready for the long hot summer with a rifle,’ you know, ‘Come and buy them now!’ It was an advert in a gun magazine. And it was so sick, you know, the idea of ‘Come and buy your killing weapons,’ and ‘Come and get it.’ But it’s just such a great line, ‘Happiness Is A Warm Gun’ that John sort of took that and used that as a chorus. And the rest of the words… I think they’re great words, you know. It’s a poem. And he finishes off, ‘Happiness Is A Warm Gun, yes it is.’ It’s just good poetry.

John Lennon (1972)
They all said it was about drugs, but it was more about rock ‘n roll than drugs. It’s sort of a history of rock ‘n roll… I don’t know why people said it was about the needle in heroin. I’ve only seen somebody do something with a needle once, and I don’t like to see it at all.

John Lennon (1980)
A gun magazine was sitting around and the cover was the picture of a smoking gun. The title of the article, which I never read, was ‘Happiness Is a Warm Gun.’ I took it right from there. I took it as the idea of happiness after having shot somebody. Or some animal.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.7
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > Limiter

 

Tr.2 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (P.U.select = rear)
  • Guitar Rig > Chan EQ > ADT
  • ナチュラルトーン気味のパート。ドノバン・スタイルのアルペジオから始まって途中からコードカッティングに。いつもならSampleDly使うんだけどなんとなくADT試してみたくて当ててみた。

 

Tr.3 :: E.Guitar 2

  • Gibson LesPaul Traditional (P.U.select = treble)
  • Guitar Rig > Chan EQ > ADT > Sample Dly
  • クランチサウンドのパート。音数は少ないけどノートレングスには気を遣う。

 

Tr.4 :: E.Guitar 3

  • Gibson Les Paul Traditional (P.U.select = treble)
  • Guitar Rig > Chan EQ > Sample Dly
  • 間奏でソロをとっているパート。ボトルネックを使った。

 

Tr.5 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (P.U.select = front)
  • Guitar Rig
  • ピック弾き。フルトーン。

 

Tr.6 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Chan EQ > Space Dsn

 


History

2013.03.04: version 2.0
2003.06.26: version 1.0

Diary


 


Sources