*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Back In The U.S.S.R. – The Beatles

The Beatles, THE BEATLES (White Album)

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1968 Northern Songs Ltd.
 

マイアミからB.O.A.C.で飛んできた
昨日は一睡もできなかったよ
道中ずっと膝上に紙バッグを置いて
しんどい旅だった
やっとソ連に戻ったよ
キミは自分がどれだけラッキーなのかわかってないだろ
ソ連に戻ってきたんだ

 
ビートルズが1968年にリリースしたアルバム「ザ・ビートルズ (通称ホワイトアルバム)」の1曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

タイトルはチャック・ベリーの「バック・イン・ザ・U.S.A.」コーラスの形態はビーチ・ボーイズのスタイルのパロディー。また歌詞中の”Georgia’s always on my mind”は「グルジア」の英語での綴りが「ジョージア」と同じであることからジョージアの州歌「ジョージア・オン・マイ・マインド (我が心のジョージア)」に掛けるなど、遊び心満載の曲である。

1968年2~3月にインドのリシケシで行われたマハリシ・マヘシ・ヨギのもとでの修行中に作られた。これに同行していたビーチ・ボーイズのマイケル・エドワード・ラブがいくつかアイデアを提供したことを公言している。ビーチ・ボーイズのライブでも時折この曲が演奏されている。

この曲のレコーディング・セッションで、ドラムの演奏に執拗に注文をつけられたことに嫌気がさしたリンゴ・スターがスタジオを飛び出してしまうという事態が発生。このためポールがドラムを叩き、ジョージ・ハリスンがリズムギター、ジョン・レノンが6弦ベースを弾いてリズムトラックを作成。オーバーダブされたリードギターはポールが演奏した。後にリンゴはこの曲のポールのドラムを絶賛していたという。

当時、密輸や海賊盤を通じてビートルズの楽曲やスタイルが若者の間に浸透していたソビエト連邦内では、タイトルに自国名が使われたこともあって当然のように最も人気の高い作品のひとつとなる。2003年のポールにとって初めてのロシア公演ではコンサートのハイライトとしてモスクワ・赤の広場でこの曲が演奏された。この時、会場入りが遅れてこの曲を聞きそびれたプーチン大統領のためにアンコール時に2回目の演奏が行われた。


Paul McCartney (1968)
Chuck Berry once did a song called ‘Back In The USA,’ which is very American, very Chuck Berry. Very sort of, uhh… you know, you’re serving in the army, and when I get back home I’m gonna kiss the ground. And you know– Can’t wait to get back to the States. And it’s a very American sort of thing, I’ve always thought. So this one is like about… In my mind it’s just about a spy who’s been in America a long long time, you know, and he’s picked up… And he’s very American. But he gets back to the USSR, you know, and he’s sort of saying, ‘Leave it till tomorrow, honey, to disconnect the phone,’ and all that. And ‘Come here honey,’ but with Russian women. It concerns the attributes of Russian women.

John Lennon (1980)
Paul completely. I played the six-string bass on that.

Paul McCartney (1984)
I wrote that as a kind of Beach Boys parody. And ‘Back in the USA’ was a Chuck Berry song, so it kinda took off from there. I just liked the idea of Georgia girls and talking about places like the Ukraine as if they were California, you know? It was also hands across the water, which I’m still conscious of. ‘Cuz they like us out there, even though the bosses in the Kremlin may not. The kids do.

Paul McCartney (1986)
I’m sure it pissed Ringo off when he couldn’t quite get the drums to ‘Back In The USSR,’ and I sat in. It’s very weird to know that you can do a thing someone else is having trouble with. If you go down and do it, just bluff right through it, you think, ‘What the hell, at least I’m helping.’ Then the paranoia comes in– ‘But I’m going to show him up!’ I was very sensitive to that.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.7
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > Limiter

 

Tr.2 :: Snare & Hand Crap

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space Dsn > Limiter > Sample Dly
  • 原曲のステレオ版で左チャンネルから聴こえるオーバーダブのスネアとハンドクラップをメインのドラムとは別トラックに配置。

 

Tr.3 :: Bass

  • FGN NCJB-10R
  • Guitar Rig
  • 原曲はFender Bass VIなんだそうで。RickenbackerでもHofnerでも代用のきかなそうな音だったのでジャズベで。ピック弾き。フロント、リアとも音量最大。トーンは絞る。

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist 1965 CASINO (P.U.select = center)
  • Guitar Rig > Chan EQ > Sample Dly
  • リズムパート。ほぼ終始ミュート状態での演奏。軽くクランチさせる。

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Epiphone Elitist 1965 CASINO (P.U.select = rear)
  • Guitar Rig > Chan EQ > Sample Dly
  • リードパート

 

Tr.6 :: E.Guitar 3

  • Epiphone Elitist 1965 CASINO (P.U.select = rear)
  • Guitar Rig > Chan EQ > Sample Dly
  • リードパートの低音サポート

 

Tr.7 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Chan EQ > Exciter > Space Dsn
  • コード叩きだが連打のスピードが速い箇所が多数。難しい。エキサイター強めにかけてホンキートンクっぽい音を目指す。

 

Tr.8 :: Jet Plane

  • フリー素材
  • Chan EQ
  • なかなか「これだ!」って音がない。まさか自分で録音しに空港へ行くわけにもいかず。ネットで探した。ほんとはブレーキかける音も欲しかったんだけど、贅沢言える立場じゃない。

 


History

2013.01.13: version 2.0
2003.06.08: version 1.0

Diary


 


Sources