Yes It Is – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1965 Northern Songs Ltd.
 

もし今夜赤い服を着るなら
僕が言ったことを思い出して
赤は彼女が着ていた色
それだけじゃなくて…
本当さ
そうなんだ

 

1965年に発売されたビートルズ9枚目のオリジナル・シングルのB面(A面は「涙の乗車券」)。
クレジットはLennon-McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。

「『こいつ』を書き直そうとしたんだけど、うまくいかなかった」というジョンの言葉の通り「こいつ」に倣って3声のコーラスをフィーチャーした曲。コーラスアレンジは「こいつ」に比べると複雑。後年の曲を考慮に入れてもおそらく彼らの曲では最も難しいハーモニーなのではなかろうか。これについてはプロデューサーのジョージ・マーティンがかなり突っ込んだアドバイスをしたんだそうだ。


John Lennon (1980)
That’s me trying a rewrite of ‘This Boy,’ but it didn’t quite work.
 
「こいつ」を書き直そうとしたんだ。でもうまくいかなかった。

Paul McCartney (1994)
I was there writing it with John, but it was his inspiration that I helped him finish off. ‘Yes It Is’ is a very fine song of John’s.
 
ジョンと一緒に書いた。基本的には彼のアイデアで僕は仕上げを手伝っただけだけどね。「イエス・イット・イズ」はジョンの素敵な曲だよ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Classic Guitar

  • Antonio Sanchez AS1027
  • Channel EQ > Compressor > Sample Delay
  • コードストロークだがピックは使わず。指弾き。

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor
  • 指弾き

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • ハーモニクスを鳴らしているパート

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (mix Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • 拍アタマでコードを鳴らしているパート

 


History

2015.05.25: version 2.0
2004.05.25: version 1.0

Diary


 


Sources