Long Tall Sally 【のっぽのサリー】- The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by Enotris Johnson, Richard Penniman & Robert Blackwell ©1956 Venice Music Inc.
 

メアリーおばさんに
ジョンおじさんのことチクっちゃうぞ
おじさんは自分のこと「みじめだ」なんて言ってるけど
ホントはかなりお楽しみなんだよ

 

ビートルズが1964年にリリースしたEP盤LONG TALL SALLYのA面1曲目に収録された曲。リトル・リチャードが1956年にリリースした曲のカバー。リードボーカルはポール・マッカートニー。
米国では英国でのEPリリースより前にTHE BEATLES SECOND ALBUMに収録・発売された。

リチャードと同じく声域が高いポールは彼の歌い方を熱心に学び自分のレパートリーにしていった。中でもこの曲が得意だったようでコンサートのラストナンバーとして取り上げられることが多かった。演奏に慣れていたためかEP用のレコーディングの時この曲は第1テイクで既に最高の仕上がり。一発OKでオーバーダビングも一切施されなかった。

「リチャードみたいな曲を自分で書いて歌いたい」と常に考えていたポールが「シーズ・ア・ウーマン」や「アイム・ダウン」を書き上げた1965年頃からこの曲はコンサートで演奏されなくなっていく。1966年の日本公演でこの曲を演奏したのは前座をつとめたザ・ドリフターズだった。


My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • FGN NCST-10R (rear full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.5 :: Piano

  • exs24 – Grand Piano
  • Channel EQ > Chorus > Exciter > Compressor > Space D

 


History

2015.07.02: version 2.0
2004.05.13: version 1.0

Diary


 


Sources