I Feel Fine – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

彼女は僕に優しくしてくれる
最高に幸せなのって
彼女はそう言ってくれるんだ
僕は彼女を愛してる
すばらしい気分だよ

 

1964年に発売されたビートルズ8枚目のオリジナル・シングルのA面(B面は「シーズ・ア・ウーマン」)。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。

リハーサル時にアンプに立てかけてあったジョンのギター(Gibson J-160)がハウリングを起こしたことから「フィードバック音をイントロ前に入れる」というアイデアが生まれた。ジョンはライブ演奏でもこの「フィードバック奏法」をすることがあり、1966年7月1日の日本武道館公演でも披露された。

ジョンはPLAYBOY誌のインタビュー記事でこのフィードバックについてこう答えている。
「1920年代のオールド・ブルースは別にして『アイ・フィール・ファイン』より前にレコードにフィードバックを使ったミュージシャンはいなかった。これが最初のフィード・バックさ。ビートルズのために声を大にして言いたいね。ジミ・ヘンドリックスよりもザ・フーよりも誰より先だったとね」

ギターリフはボビー・パーカーの「ウォッチ・ユア・ステップ」のフレーズを弾いているうちにできたものであることをジョンが後に語っている。


John Lennon (1964)
George and I play the same bit on the guitar together– that’s the bit that’ll set your feet a-tapping, as the reviews say. The middle-eight is the most tuneful part, to me, because it’s a typical Beatles bit.
 
ジョージと僕は一緒に同じフレーズを弾いたんだ。思わず足踏みしたくなるあのフレーズさ。ミドルエイトは僕にとってはいちばん心地いいパートだよ。いかにもビートルズって感じがするからね。

John Lennon (1972)
This was the first time feedback was used on a record. It’s right at the beginning.
 
レコードにフィードバック音が使われたのはこれが初めてだったんだよ。あの最初の部分のね。

John Lennon (1974)
I wrote this at a recording session. It was tied together around the guitar riff that opens it.
 
レコーディングセッション中に書いた。ギターのリフで始まるんだ。

John Lennon (1980)
That’s me completely. Including the guitar lick with the first feedback anywhere. I defy anybody to find a record… unless it is some old blues record from 1922… that uses feedback that way. So I claim it for the Beatles. Before Hendrix, before the Who, before anybody. The first feedback on record.
 
僕が書いた。ギターのフレーズも最初のフィードバックも僕だ。1922年辺りの古いレコードは別にして、こんな風にフィードバックが使われたレコードは無いよ。だからこれはビートルズの名誉のために言っておきたい。ヘンドリクスよりも、ザ・フーよりも、誰よりも先だったってね。フィードバックを使った最初のレコードさ。

Paul McCartney (1994)
John had a semi-acoustic Gibson guitar. It had a pick-up on it so it could be amplified… We were just about to walk away to listen to a take when John leaned his guitar against the amp. I can still see him doing it… and it went, ‘Nnnnnnwahhhhh!” And we went, ‘What’s that? Voodoo!’ ‘No, it’s feedback.’ Wow, it’s a great sound!’ George Martin was there so we said, ‘Can we have that on the record?’ ‘Well, I suppose we could, we could edit it on the front.’ It was a found object– an accident caused by leaning the guitar against the amp. The song itself was more John’s than mine. We sat down and co-wrote it with John’s original idea. John sang it, I’m on harmonies.
 
ジョンはギブソンのセミアコースティックギターを持ってた。そいつにはピックアップが付いてたからアンプに繋げることができたんだ。ジョンはそのギターをアンプに立てかけたまま、僕らは録音したテイクを聞くためにその場を離れようとしていた。そしたら「ニュアアアアアアアア」って音が鳴ったんだ。「なんの音だ?ブードゥーの呪いかい?」「いや、フィードバックだ」「ワオ!すげー音だな!」。で、ジョージ・マーチンに聞いたんだ「これレコードに使えるかな?」「そうだな、できると思う。最初の部分に入れたらどうだろう?」ギターをアンプに向かって立てかけたせいで起こったハプニングからいいものが見つかったんだ。曲はほとんどジョンが書いた。ジョンのアイデアをベースにした共作だね。ジョンが歌って、僕はコーラスに回った。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > Echo
  • ジョンが弾いていると思われるメインパート。原曲はエレアコ(Gibson J-160E)なのかもしれないけど持ってないのでGretschで代用。

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > Echo
  • E.G.1のサポートトラック。ミストーン補正など。

 

Tr.5 :: E.Guitar 3

  • Gretsch Tennessee Rose (mix Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • ジョージが弾いてると思われるバッキングパート。

 

Tr.6 :: E.Guitar 4

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT
  • 間奏のパート。あとオープニングのベースのハーモニクスのアタック音を強調させるためにベースのトラックリージョンをコピーして配置。

 

Tr.7 :: E.Guitar 5

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Echo
  • オープニングのフィードバック音

 

Tr.8 :: A.Guitar

  • YAHAMA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Limiter
  • アンサンブルの厚み付けのために追加したトラック。原曲には入っていない。

 

Tr.9 :: S.E.

  • Channel EQ
  • フィードバックの背後に聞こえる咳払い。なにもここまでコピーしなくても…とは思うけど(笑)

 


History

2015.06.12: version 2.0
2004.05.22: version 1.0

Diary


 


Sources