Don’t Let Me Down – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1969 Northern Songs Ltd.
 

僕をがっかりさせないで
彼女ほど僕を愛してくれる人はいなかった
もし誰かが彼女と同じように僕を愛してくれたら…

 
1969年に発売されたビートルズ19枚目のオリジナル・シングルのB面(A面は「ゲット・バック」)。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはジョン・レノンの作品である。

1969年のゲット・バック・セッションで録音され、「ゲット・バック」とこの曲がアルバムの先行シングルとしてリリースされた。
しかしアルバムは結局発売を取りやめるになってしまった上に、翌1970年にこのセッションを元に編集・発売されたアルバムLET IT BEからこの曲は外されてしまっている。

ルーフトップライブでも演奏されたがシングル盤に採用されたテイクはそれ以前にスタジオで録音したもの。
2003年にリリースされたLET IT BE … NAKEDにはルーフトップでの2回の演奏を編集したものが収録された。


John Lennon (1969)
(to Ringo, regarding the cymbal smash in the intro) Give me a big ‘kzzzsshhhh!’ Give me the courage to come screaming in.
 
(イントロのシンバルについて、リンゴに)「クシャアアア!」ってやってくれ。叫んでるみたいな音にさ。

John Lennon (1980)
That’s me, singing about Yoko.
 
僕だ。ヨーコについての歌だよ。

Paul McCartney (1994)
It was a very tense period. John was with Yoko, and had escalated to heroin and all the accompanying paranoias and he was putting himself out on a limb. I think that, as much as it excited and amused him, at the same time it secretly terrified him. So ‘Don’t Let Me Down’ was a genuine plea, ‘Don’t let me down, please, whatever you do. I’m out on this limb…’ It was saying to Yoko, ‘I’m really stepping out of line on this one. I’m really letting my vulnerability be seen, so you must not let me down.’ I think it was a genuine cry for help. It was a good song. We recorded it in the basement of Apple for ‘Let It Be’ and later did it up on the roof for the film. We went through it quite alot for this one. I sang harmony on it, which makes me wonder if I helped with a couple of the words, but I don’t think so. It was John’s song.
 
ピリピリしてた時期だった。ジョンはヨーコと一緒にいて、ヘロインどっぷりのパラノイア状態でかなりヤバかった。興奮したり、笑い出したり、密かに恐怖を感じていたこともあったと思う。「ドント・レット・ミー・ダウン」はそんな彼の心の叫びだった。「僕をがっかりさせないで。僕はもうダメなんだ」ヨーコにそう言おうとしてたんだね。「ここから抜け出す。弱さを全部さらけ出す。だから僕を失望させないで」…泣いて救いを求めてた。いい曲だよ。アップルの地下で録音して、あとで映画LET IT BEのために屋上で演った。いろんな方法を試したさ。僕がハーモニーを付けかたら、歌詞を一部僕が書いたような気になりそうだったけど、でも違う。これはジョンの曲だよ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Solo)
  • Guitar Rig > Multipressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (front tone=5 + rear tone=5)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT
  • リズム・ギター。ジョンのパート。

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • Gibson Les Paul Traditional (mix full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT
  • リード・ギター。ジョージのパート。

 

Tr.5 :: E.Piano

  • Vintage Electric Piano (Logic)
  • Space D

 


History

2015.02.17: version 2.0.0, 2.0.1
2004.07.25: version 1.0

Diary


 


Sources