*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

Day Tripper – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1965 Northern Songs Ltd.
 

いい口実を見つけた
ここから簡単に抜け出すための
うまい言い訳だよ
今すぐラクになるためのね
彼女はデイ・トリッパー
しかも片道切符
気付くまでにずいぶん長くかかった
ようやくわかったんだ

 

1965年に発売されたビートルズ11枚目のオリジナル・シングルで、英国ではカップリングされた「恋を抱きしめよう」と両A面という扱いになったが米国のシングル盤ではこの曲はB面扱いだった。ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作。

Day Tripperには「日帰り旅行者」という直訳の他に「ドラッグでトリップする人」という意味もあることからビートルズにとって最初期のドラッグソングとされている。ジョンは「若い人たちが聞けばそうだとわかるフレーズが隠されてる」とドラッグソングであることを否定しなかった。
ギターリフが曲全体を引っ張る構成は後の70年代にハードロックでよく用いられるお馴染みの手法。しかし65年当時としてはかなり斬新だった。彼らは「アイ・フィール・ファイン」や「涙の乗車券」でギターリフから曲を組み立てる技を会得していたが「デイ・トリッパー」ではギターに加えてベースもこのリフをユニゾンで弾いているのでより強烈な印象がある。

ジョンもポールもこの曲について「急いでシングル盤を作らなきゃならなかったから無理にこじつけて適当に書いた曲」と言っていたらしい。適当に書いてこれとは…信じられないレベルの高さだ。


John Lennon (1972)
Me. But I think Paul helped with the verse.
 
僕だ。でも歌詞はポールが手伝ってくれたよ。

John Lennon (1980)
That’s mine. Including the guitar lick, the guitar break, and the whole bit. It’s just a rock ‘n roll song. Day trippers are people who go on a day trip, right? Usually on a ferry boat or somethng. But it was kind of– you know, you’re just a weekend hippie. Get it ?
 
僕の曲だよ。ギターのフレーズやブレークも含めて全部僕が書いた。ロックンロールさ。「デイ・トリッパー」っていうのは日帰り旅行者のこと…だよ。フェリーとか使って旅をする人だね。でもこれは…そう、週末のヒッピーっていうのかな。わかる?

Paul McCartney (1994)
Acid was coming on the scene, and we’d often do these songs about ‘the girl who thought she was it.’ Mainly the impetus for that used to come from John– I think John met quite a few girls who thought they were it… But this was just a tongue-in-cheek song about someone who was a day tripper, a sunday painter, a sunday driver, somebody who was committed only in part to the idea. Where we saw ourselves as full-time trippers, fully committed drivers, she was just a day tripper. That was a co-written effort– we were both making it all up but I would give John the main credit.
 
麻薬を題材にして、僕らはしばしばこういう「彼女がそうだと思われる」みたいな曲を演ってた。だいたいジョンが持ってくるんだけどね。多分ジョンはそういう女の子たちに会って…でもこれはにわかトリッパー、にわかペインター、にわかドライバー、みたいな雑多な題材を寄せ集めたおふざけだった。僕らはフルタイムなトリッパー、熱心なドライバー、でも彼女はだのデイ・トリッパー。この曲は共作でふたりで仕上げたけど、メインはジョンに譲ったよ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1.1
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Tambourine

  • Plastic Frame – Headless
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • Gretsch Tennessee Rose (rear Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Epiphone Elitist CASINO (rear tone=10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.6 :: E.Guitar 3

  • FGN NCST-10R (front tone=10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 


History

2015.05.19: version 2.0.2
2015.05.18: version 2.0.1
2015.05.17: version 2.0
2004.05.27: version 1.0

Diary


 


Sources