*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

You Won’t See Me – The Beatles

RUBBER SOUL, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1965 Northern Songs Ltd.
 

君に電話をしても
いつも話し中
もううんざりだ
歳相応に振る舞ってよ
僕らは時間を失ってしまった
なにものにも代えがたい時間を
そして僕は自分を失くしてしまうだろう
君が僕を相手にしてくれないなら
君が僕と付き合ってくれないなら

 

ビートルズが1965年にリリースしたアルバムRUBBER SOULの3曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

アルバムの曲奏者紹介欄にハモンドオルガン奏者としてロード・マネージャーのマル・エヴァンスがクレジットされているが、2分28秒あたりからフェイドアウトするまで左チャンネルで切れ目なく流れるドローン音を担当しているのが彼なのではないかと思われる。
この曲ではハイハットがオーバーダビングされ、リズム的に工夫が施されている。


John Lennon (1980)
Paul.
 
ポール。

Paul McCartney (1994)
Normally I write on guitar and have full chords, or on piano and have full chords, but this was written around two little notes, a very slim phrase– a two-note progression that I had very high on the first two strings of the guitar… Then I wrote the tune for ‘You Won’t See Me’ against it. It was 100 percent me, but I am always happy to give John a credit because there’s always a chance that on the session he might have said, ‘That’d be better.’
 
普段僕はギターかピアノを使ってコードから曲を作るんだけど、この曲はたった2つばかりの音から生まれたんだ。ギターの2本の高音弦の組み合わせでね。それから「ユー・ウォント・シー・ミー」を書き上げた。これは100%僕の仕事さ。でも僕はいつだって喜んでジョンと連名でクレジットをつけたよ。だって彼にはセッションで「それいいね」って言う機会があるんだから。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums 1

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Drums 2

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Exciter > Sample Delay
  • 最初のシンバルとオーバーダブされてるハイハット

 

Tr.3 :: Tambourine

  • Tambourine (w/Head)
  • Channel EQ > Limiter > Space D

 

Tr.4 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.5 :: Guitar

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Amp > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.6 :: Piano

  • exs24 – YAMAHA Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Compressor

 

Tr.7 :: Organ

  • Vintage B3
  • Compressor > Channel EQ

 


History

2016.04.23: version 2.1
2011.06.05: version 2.0
2002.11.10: version 1.0

Diary


 


Sources