Michelle – The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1965 Northern Songs Ltd.
 

ミッシェル
僕の恋人
その美しい言葉の響き
僕のミッシェル

 

ビートルズが1965年にリリースしたアルバムRUBBER SOULの7曲目(LP盤ではA面の最後の曲)。ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作。

フランス語の歌詞作りにはジョンとポールが出会うきっかけを作った彼らの共通の友人アイヴァン・ヴォーンの妻・ジャンが貢献している。またミドルエイトの部分は元々歌詞がなくコーラスだけだったがジョンの提案で”I love you, I love you”と繰り返されることになった。

ビートルズの公式発表曲の中でフランス語が使用されている唯一の曲。旋律もフランスのシャンソンに似ていることから「ビートルズ公式発表曲の中で唯一のシャンソン」と評されることもある。


John Lennon (1966)
Paul has had this idea about writing a bit with some other language, with French in it. And he just sort of had a bit of a verse, and a couple of words, and the idea. I think he had some other name or something. He used to talk Double-Dutch French, you see, just to sing the bit. (imitates singing mock-French) He just brought it along and just sort of started fiddling around trying to get a middle-eight. We pinched a little bit from somewhere and stuck it in the middle-eight, and off we went.
 
ポールが「外国語で曲を作る」っていうアイデアを出したんだ。ここではフランス語だね。そこで僕らはいくつか言葉を並べてみた。多分彼は他にもいくつか別の名前か何かを考えていたんだと思う。彼はオランダ語とフランス語で話してて、歌もこんなふうに少しだけ(モック・フレンチの真似をする)。ミドルエイトが空いてたからちょっとした言葉を引っ張ってきたのさ。

John Lennon (1972)
Both of us. I wrote the middle with him.
 
共作だよ。ミドルは僕が彼と一緒に書いた。

Paul McCartney (1977)
‘Michelle’ was like a joke French tune for when you go to a party or something. That’s all it was. And then after a while you say, ‘Well, that’s quite a good tune. Let’s put some real words to it.’
 
「ミッシェル」はパーティーかなにかに行くために冗談めかして書いたフランスっぽい曲だよ。それだけさ。でも「いい曲じゃないか。詩をつけようよ」ってことになったんだ。

John Lennon (1980)
He and I were staying somewhere and he walked in and hummed the first few bars, with the words, and he says, ‘Where do I go from here?’ I had been listening to (blues singer) Nina Simone. I think it was ‘I Put A Spell On You.’ There was a line in it that went, ‘I love you, I love you.’ That’s what made me think of the middle-eight for ‘Michelle.’ So, my contributions to Paul’s songs was always to add a little bluesy edge to them. Otherwise, ‘Michelle’ is a straight ballad, right? He provided a lightness, an optimism, while I would always go for the sadness, the discords, the bluesy notes.
 
どこかに滞在中に彼が最初の部分を口ずさんだんだ。適当な言葉と一緒にね。そして「これからどうしたらいいだろう?」って。その時僕は(ブルース歌手の)ニーナ・シモンを聴いてた。たしか「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」だったと思うんだけど。そこに出てきた”I love you, I love you”っていう節が「ミッシェル」のミドルエイトにいいんじゃないかって考えた。ポールの曲にちょっとブルースっぽい雰囲気を加えるのが僕の役目みたいなもんだったのさ。でも「ミッシェル」はストレートなバラードだよね。彼は明るさとか楽観を、僕は悲しさやブルージーな音を曲に仕込むんだ。

Paul McCartney (1988)
I’ll never forget putting the bass line in ‘Michelle’ because it was a kind of Bizet thing. It really turned the song around. You could do that with bass. It was very exciting.
 
「ミッシェル」のベースラインのことは忘れられないよ。ビゼー風なんだ。これをベースでやってみた。とてもエキサイティングだったよ。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: A.Guitar 1

  • Headway HD-113 SE/STD
  • Channel EQ > Compressor > Limiter
  • R-chで鳴ってるパート。5Fカポ。

 

Tr.4 :: A.Guitar 2

  • Headway HD-113 SE/STD
  • Channel EQ > Compressor > Limiter
  • L-chで鳴ってるパート。5Fカポ。

 

Tr.5 :: E.Guitar

  • Gretsch Tennessee Rose (font – Low)
  • Guitar Rig > Channel EQ Compressor

 


History

2016.05.04: version 2.1
2011.06.18: version 2.0
2002.11.17: version 1.0

Diary


 


Sources