I’m Looking Through You 【君はいずこへ】 – The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1965 Northern Songs Ltd.
 

君のことを見透かしてしまった
君はどこへ行ってしまったの?
君のことはよく知っていたつもりだった
でも何を知っていたんだろう
昔と少しも違わないように見えるけど
君はすっかり変わってしまった
君の心を見破ってしまった
君はもうあの頃の君じゃない

 

ビートルズが1965年にリリースしたアルバムRUBBER SOULの10曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

当時のガールフレンドであった女優のジェーン・アッシャーと別居していた時に作られた曲で関係が冷めつつあった彼女への心情を綴っている。ジェーンはこの時期はブリストル公演に出向いていた。

完成するまでに2回リメイクされており、ミドルエイトのない最も初期のバージョンがTHE BEATLES ANTHOLOGY 2に収録されている。
通常のドラムの他にパタパタというパーカッション系の音が聞こえるが、これはリンゴがマッチ箱を指で叩いて出している音である。


John Lennon (1980)
Paul. He must have had an argument with Jane Asher.
 
ポールだ。ジェーン・アッシャーと喧嘩でもしてたんだろうね。

Paul McCartney (1994)
As is one’s wont in relationships, you will from time to time argue or not see eye to eye on things, and a couple of the songs around this period were that kind of thing… I would write it out in a song and then I’ve got rid of the emotion. I don’t hold grudges so that gets rid of that little bit of emotional baggage… I think it’s my song totally. I don’t remember any of John’s assistance.
 
付き合いが長くなると言い争ったり目を合わさなくなったりするもんだけど、あの頃の僕はまさにそんな境遇でね、その感情が曲に現れてた。曲にすることで自分の中に嫌な感情を溜め込まないようにしたんだね。完全に僕の曲だよ。ジョンの手は借りなかったはずさ。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Channel EQ > Space D

 

Tr.3 :: Cardboard Box

  • Box of my harmonica
  • Channel EQ > Denoiser > Limiter
  • リンゴはマッチ箱を叩いているがウチには無かったので代わりにトンボのクロマチック・ハーモニカの厚紙ケースを指で叩いた。

 

Tr.4 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.5 :: A.Guitar

  • Headway HD-113 SE/STD
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT
  • 1FカポでGフォーム

 

Tr.6 :: E.Guitar

  • Gretsch Tennessee Rose (mix – Hi)
  • Pedalboard > Amp > Channel EQ > Exciter > Compressor
  • Ampのオーバードライブだけだと物足りなかったのでファズをかけた

 

Tr.7 :: Harmonium

  • EastWest Fab Four
  • Amp > Channel EQ > Exciter > Compressor

 


History

2016.05.22: version 2.1
2011.07.28: version 2.0
2002.11.24: version 1.0

Diary


 


Sources