*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Doctor Robert – The Beatles

REVOLVER, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1966 Northern Songs Ltd.
 

友達に言ったんだ
ロバート先生に電話しなよって
昼でも夜でもそこにいてくださるよ
ロバート先生
生まれ変わったみたいに気分が良くなるし
いろんなことに気づかせてくれる
最善を尽くしてくださるよ
ロバート先生

 

ビートルズが1966年にリリースしたアルバムREVOLVERの11曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。

「ドクター・ロバート」というのはニューヨークに実在したロバート・フライマン(Robert Freymann)のこと。彼はLSDなどの違法ドラッグを処方してくれるいわゆる「スピード・ドクター」と呼ばれる医師で、NYのアーティストの間ではよく知られた人物だった。この曲はそんな彼をモチーフにした楽屋落ち的なドラッグ・ソング。
ポール・マッカートニーは彼を「ニューヨークをハイにし続けた男」と揶揄していたが、ビートルズのメンバーとは直接の面識や関わりはなかったようだ。因みにこの時期薬物にのめり込んでいたのはジョンとジョージ・ハリスンで、後にドラッグ使用発言で物議をかもしたポールはさほど服用していなかった。
この曲のせいかどうかは不明だが、当のロバート氏はこの曲が世に出たおよそ1年後の1967年に医師免許を剥奪され、1975年にニューヨーク医師会を追放され、1987年に死去している。


John Lennon (1972)
Me. I think Paul helped with the middle.
 
僕だ。中盤はポールに手伝ってもらったと思う。

John Lennon (1980)
Another of mine. Mainly about drugs and pills. It was about myself. I was the one that carried all the pills on tour… later on the roadies did it. We just kept them in our pockets, loose, in case of trouble.
 
僕のだ。薬物についての曲だよ。僕自身のことさ。ツアーにはいつも携帯してたよ…ローディーがやってるのを知ってからね。ポケットに入れてて、ヤバそうになったら捨ててた。

Paul McCartney (1994)
John and I thought that was a funny idea– the fantasy doctor who would fix you up by giving you drugs. It was a parody on that idea.
 
ジョンと僕はこれは面白いアイデアだと思ったよ。ドラッグを処方して気分を良くしてくれる架空の医者の話さ。実はちょっとしたパロディーだったんだけどね。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.4
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Snare (Open Rim)

  • exs24 – Real ACO Drums
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
  • ABBEY ROAD 60S DRUMMERはリムショットのいい音が無いのでこれでサポート

 

Tr.3 :: Maracas

  • Maracas
  • Channel EQ > Compressor > Spread > Limiter

 

Tr.4 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.5 :: Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (rear – full)
  • Amp > Channel EQ > Exciter > Compressor > ADT

 

Tr.6 :: Guitar 2

  • Gibson Les Paul Traditional (rhythm – full)
  • Amp > Channel EQ > Compressor

 

Tr.7 :: Guitar 3

  • Gibson Les Paul Traditional (treble – full)
  • Amp > Channel EQ > Exciter > Compressor > ADT

 

Tr.8 :: Harmonium

  • Eastwest Fab Four – Harmonium
  • Channel EQ > Compressor

 


History

2016.07.25: version 2.1
2011.11.20: version 2.0
2003.03.01: version 1.0

Diary


 


Sources