Your Mother Should Know – The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1967 Northern Songs Ltd.
 

さあみんな
立ち上がって踊ろうよ
君たちのお母さんが生まれる前に流行った曲に合わせて
お母さんが生まれたのはずいぶん昔のことだけど
君のお母さんなら知ってるはずさ

 

1967年にビートルズ自身が製作・主演したテレビ用の映画MAGICAL MYSTERY TOURの米キャピトル編集盤サウンドトラック・アルバムの5曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

最終形はシンプルだがこのアレンジの決定にはかなりの時間を要し、丸一日掛けて録音したテイクを全て没にしたほど迷走した。

テレビ映画のラストシーン、メンバー全員が襟にバラをさした白いタキシードを着てツアー客と一緒に歌い踊るシーンで使用された。このシーンでポールだけが黒いバラをつけていたことが後の「ポール・マッカートニー死亡説」の証拠の1つになった。

なおこの曲のレコーディングがビートルズのデビュー以来のマネージャーであったブライアン・エプスタインの立ち会った最後のセッションだった。


Paul McCartney (1994)
I dreamed up ‘Your Mother Should Know’ as a production number… I’ve always hated generation gaps. I always feel sorry for a parent or a child that doesn’t understand each other. A mother not being understood by her child is particularly sad because the mother went through pain to have that child, and so there is this incredible bond of motherly love, like an animal bond between them. But because we mess things up so readily they have one argument and hate each other for the rest of their lives. So I was advocating peace between the generations. In ‘Your Mother Should Know’ I was basically trying to say your mother might know more than you think she does. Give her credit.
 
「ユア・マザー・シュッド・ノウ」という曲を作りたいと思った。僕はジェネレーションギャップっていうのが嫌いなんだ。親と子が理解し合えないってのはとても残念なことだってずっと思ってる。母親が子どもに理解されないのはとても悲しいことさ。お母さんは子どもが抱いてる苦痛とかを全部経験してきた上で大きな愛情で子どもを包んでるのにね。人間以外の動物だって同じ。でもちょとした揉め事が原因で仲違いするとそれが生涯続いたりする。だから僕は世代間の争いはすべきじゃないってずっと主張してるんだ。「ユア・マザー・シュッド・ノウ」では「お母さんは君が思ってるよりもたくさんのことを知ってる。大切にしよう」ってことを言おうとしたんだよ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.3
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: E.Guitar

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.4 :: Piano

  • exs24 – Yamaha Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Compressor

 

Tr.5 :: Organ

  • Vintage B3
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.6 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.7-9 :: Chorus

  • Channel EQ > Compressor > Space D > ADT

 


History

2017.02.14: version 2.1
2012.07.06: version 2.0
2003.05.17: version 1.0

Diary


 


Sources