Blue Jay Way – The Beatles

composed by George Harrison ©1967 Northern Songs Ltd.
 

ロサンゼルスが霧に覆われ
僕の友達は迷子になった
「すぐに抜け出せるさ」と彼らは言った
自分自身を見失うことと引きかえに

 
1967年にビートルズ自身が製作・主演したテレビ用の映画MAGICAL MYSTERY TOURのサウンドトラック・アルバムの4曲目。ジョージ・ハリスンの作品。

Blue Jay Wayはロサンゼルスダウンタウン北方の山の中腹にある住宅地の地名。ジョージが休暇でここの知人宅に滞在していた時、約束の時間になっても現れないデレク・テイラー(アップル・レコードの広報担当)を待っている間に作った曲。
各トラックにはエンジニアのケン・タウンゼントの考案した装置によるフランジングがかけられている。


George Harrison (1968)
Derek Taylor got held up. He rang to say he’d be late. I told him on the phone that the house was in Blue Jay Way. And he said he could find it okay… he could always ask a cop. So I waited and waited. I felt really knackered with the flight, but I didn’t want to go to sleep until he came. There was a fog and it got later and later. To keep myself awake, just as a joke to pass the time while I waited, I wrote a song about waiting for him in Blue Jay Way. There was a little Hammond organ in the corner of this house which I hadn’t noticed until then… so I messed around on it and the song came.
 
デレク・テイラーをネタにした。「遅くなる」って電話してきた彼に僕は「家はブルー・ジェイ・ウェイにあるから」と伝えた。彼は「わかった。大丈夫。見つけられるよ」って言ったのに…警官に道を尋ねて回ってたらしくてね。だから僕はえらく待たされたよ。あの日は長旅の後で疲れ切ってたんだけど彼が来るまで眠るわけにはいかなかった。ひどい霧で到着はどんどん遅れる。でも起きてなくちゃいけないから眠気覚ましに「ブルー・ジェイ・ウェイで彼を待ってる」っていう曲を書くことにしたのさ。その時に家の隅っこにハモンドオルガンを見つけてそれを弾いてるうちに曲ができたんだ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.3
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Flanger > Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: Organ 1

  • KONTAKT 5 – Woodstock
  • Channel EQ > Compressor > Flanger

 

Tr.4 :: Organ 2

  • Vintage B3
  • Compressor > Phaser > Limiter > Tremolo

 

Tr.5 :: Cello

  • KONTAKT 5 – Cello Solo
  • Channel EQ > Compressor > Tremolo

 

Tr.6 :: Reverse Cymbal

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • サンプラーの音をオーディオで吐き出して逆再生処理

 

Tr.7 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.8 :: Chorus 1

  • EVOC PS
  • Compressor > Channel EQ > ADT > Echo

 

Tr.9 :: Chorus 2

  • Limiter > Ensemble > Channel EQ > Flanger > Compressor > Echo
  • 上パート

 

Tr.10 :: Chorus 3

  • Limiter > Ensemble > Channel EQ > Compressor > Echo
  • 下パート

 


History

2017.02.08: version 2.1
2012.07.02: version 2.0
2003.05.17: version 1.0

Diary


 


Sources