*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

One After 909 – The Beatles

LET IT BE, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1970 Northern Songs Ltd.
 

彼女は909号の次のに乗って行くんだって
だから言ったんだ「ちょっと詰めてくれよ 僕もそれに乗るから」って
「詰めて」1回言って
「詰めてよ」2回言って
頼むよ 氷みたいに冷たくしないで
彼女は909号の次のに乗って行くって言うんだ

 
ビートルズが1970年にリリースしたアルバムLET IT BEの9曲目。ジョン・レノンは自分の曲だと主張し、ポール・マッカートニーは自伝”Many Years From Now”で10代の時に共作したものだと書いている。

曲自体は1960年頃には完成しており、3枚目のシングル「フロム・ミー・トゥー・ユー」のセッションで録音された。この時はボツになったが、1969年のゲット・バック・セッションで改めて取り上げられた。レコードに収められたテイクは1969年1月30日のルーフトップ・コンサートでの演奏である。

10月9日に生まれ、ニューキャッスル通り9番地に住んでいたジョンにとって「9」は思い入れのある数字で、時折歌詞や曲名に使われる。

映画LET IT BEの劇中、ポールがこの曲を含む初期の曲について語るシーンがある。彼はここで「『ワン・アフター909』の歌詞は好きじゃない」と言っていた。

from the movie “LET IT BE” (1970)

Paul
…one of the first songs we’ve ever done. We all used to sag off every school day, you know, and go back to my house. And the two of us would just sit there and write, ‘Love Me Do’ and ‘Too Bad About Sorrows.’ And there’re a lot from then, about 100 songs from then that we never reckoned. ‘Cuz they were all very unsophisticated songs, but they’re great, you know. We always hated the words of ‘One After 909.’
 
僕らの最初の曲だ。毎日学校から帰ると僕らは座って曲を書いてた。「ラブ・ミー・ドゥー」とか「トゥー・バッド・アバウト・ソローズ」とか。たくさん作ったよ。100曲くらいね。荒削りだったから録音はしなかったけど、いい曲ばかりさ。「ワン・アフター909」もね。歌詞は好きじゃなかったけど。

John Lennon (1980)
That was something I wrote when I was about seventeen. I lived at 9 Newcastle Road. I was born on the ninth of October… the ninth month. It’s just a number that follows me around, but numerologically, apparently I’m a number six or a three or something, but it’s all part of nine.
 
17歳くらいの頃に書いた曲だ。僕はニューキャッスル通りの9番地に住んでて、10月の9日に生まれて…。9っていう数字には縁があるのさ。6か3だとしても、それは9の一部だし。

Paul McCartney (1994)
It was one that we always liked doing, and we rediscovered it. There were a couple of tunes that we wondered why we never put out– either George Martin didn’t like them enough to, or he favored others. It’s not a great song but it’s a great favorite of mine because it has great memories for me of John and I trying to write a bluesy freight-train song. There were alot of those songs at the time, like ‘Midnight Special,’ ‘Freight Train,’ ‘Rock Island Line,’ so this was the ‘One After 909.’ She didn’t get the 909, she got the one after it !
 
演奏していて楽しかった曲を掘り起こしたんだ。ジョージ・マーチンの好みじゃなかったのか、それとも彼は他の曲のほうがいいと思っていたのかどうか知らないけど御蔵入りになった曲がいくつかあってね。素晴らしい曲ってほどじゃないけど、僕にとってはジョンとの思い出が詰まった大事な曲なんだ。ブルージーな「フレイト・トレイン」を書こうとしてたのさ。「ミッドナイト・スペシャル」とか「フレイト・トレイン」とか「ロック・アイランド・ライン」みたいなね。それが「ワン・アフター909」さ。彼女は909には乗ってないよ。彼女が乗ったのはその次の電車さ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.7
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Solo)
  • Guitar Rig > Multipressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (rear full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT
  • リズムギター。ジョンのパート。

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • リードギター。ジョージのパート。

 

Tr.5 :: E.Piano

  • Vintage Electric Piano (Logic)

 


History

2014.11.05: version 2.0.1
2014.11.02: version 2.0
2004.05.01: version 1.0

Diary


 


Sources