*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

I’ve Got A Feeling – The Beatles

LET IT BE, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1970 Northern Songs Ltd.
 

ある感情に襲われた
内面の奥底にある感情に
ある感情がわいてきた
隠すことのできない感情が

 
ビートルズが1970年にリリースしたアルバムLET IT BEの8曲目(LP盤ではB面の1曲目)。ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作で、ひとつのバッキングに各々が別の旋律をつけている。

映画LET IT BEでは、スタジオでのリハーサル時にポールがブレーク時のギターのチョークダウンのニュアンスについてジョンに指示するシーンがあるが、アルバムに収録されたのはルーフトップ・コンサートで演奏されたテイクでこの部分はジョージ・ハリスンが弾いた。

from the movie “LET IT BE” (1970)

Paul
It’s coming down too fast… the note. There shouldn’t be any recognizable jumps. Falling… Falling…
 
音が下がるのが早過ぎるよ。そこはキッチリやっちゃダメなんだ。だんだん落としていく感じで…。

John

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.7
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Solo)
  • Guitar Rig > Multipressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (front full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > ADT
  • リズムギター。ジョンのパート。

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • リードギター。ジョージのパート。

 

Tr.5 :: E.Piano

  • Vintage Electric Piano (Logic)
  • Channel EQ

 

Tr.6 :: SE

  • Original CD
  • 曲が終わった後のざわめき

 


History

2014.10.28: version 2.0
2004.04.29: version 1.0

Diary


 


Sources