*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

I’m A Loser – The Beatles

BEATLES FOR SALE, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

僕は負け犬
僕は負け犬
そうは見えないだろうけど

 

ビートルズが1964年にリリースしたアルバムBEATLES FOR SALEの2曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。

全米ツアー中に親交を深めたボブ・ディランを意識して書かれた曲で曲調がフォーク・ロックになっており、特にハーモニカサウンドと歌詞にディランの影響が色濃く出ている。 ディランにドラッグを勧められて経験して以降ビートルズは内省的な歌詞を作り出すようになる。
ジョンは後にこの曲の歌詞について「ぼくの一部は自分が負け犬じゃないかと思っている。でもほかの一部では、全能の神だと思っている」とその背景を説明しており、彼自身非常に思い入れの強い曲であるとも述べている。


John Lennon (1980)
That’s me in my Dylan period. Part of me suspects I’m a loser, and part of me thinks I’m God almighty.(laughs)
 
ディランに影響されてた時期の曲だね。一方の僕は自分を負け犬だと思っていて、もう一方の僕は自分は天下無敵だと思ってた(笑)。

Paul McCartney (1994)
We used to listen to alot of country and western songs and they were all about sadness and ‘I lost my truck’ so it was quite acceptable to sing ‘I’m a loser.’ You really didn’t think about it at the time, it’s only later you’d think, God! That was pretty brave of John. ‘I’m a Loser’ was very much John’s song and there may have been a dabble or two from me.
 
僕らはカントリー・アンド・ウェスタンの曲をよく聴いてたよ。だいたいが「俺はトラックをなくしちまった」みたいな悲壮なもんさ。だから「僕は負け犬」と歌うことに別に抵抗はなかった。その時は気付かなかっただろうけど後になってわかるのさ。神よ!ジョンの勇気を讃え給え!「アイム・ア・ルーザー」は実にジョンらしい曲だよ。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.0
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • >Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Rhythm on)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3-4 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • (Tr.3) Overdrive > Chan EQ > Chorus > Simple Delay > Exciter > Compressor > ADT
  • (Tr.4) Chan EQ > Compressor
  • 12弦ギターのシミュレート。同じリージョンを2トラックに置いて各々個別に処理したものを再ミックス。

 

Tr.5 :: E Guitar

  • Gretsch Tennessee Rose (Mix-Low)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.6 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.7 :: Harmonica

  • Horner Blues Harp “C”
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 


History

2015.11.30: version 2.1
2011.03.23: version 2.0
2002.08.31: version 1.0

Diary


 


Sources