*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Oh ! Darling – The Beatles

ABBEY ROAD, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1969 Northern Songs Ltd.
 

愛しい人よ
僕を信じて
君を傷つけたりはしない
君を決して傷つけないと僕が言ったことを
信じて欲しい

 
ビートルズが1969年にリリースしたアルバムABBEY ROADの4曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

「喉の状態がいちばんいい状態で録音したい」と考えたポールはスタジオに一番乗りしてまずこの曲を歌うという作業を数日繰り返していた。当時のEMIのエンジニア、アラン・パーソンズによるとこの曲のレコーディング中ポールは「5年前ならこんなのすぐにできたのに・・・」と愚痴っていたらしい。
ジョン・レノンはこの曲をお気に入りに挙げているが、「俺が歌っていればもっといい曲になった」とも言っていた。


John Lennon (1980)
‘Oh ! Darling’ was a great one of Paul’s but he didn’t sing too well. I always thought that I could’ve done it better– it was more my style than his. He wrote it, so what the hell, he’s going to sing it. If he’d had any sense he should have let me sing it.(laughs)

Paul McCartney (1994)
I mainly remember wanting to get the vocal right, wanting to get it good, and I ended up trying each morning as I came into the recording session. I tried it with a hand mike, and I tried it with a standing mike, I tried it every which way, and finally got the vocal I was reasonably happy with. It’s a bit of a belter and if it comes off lukewarm then you’ve missed the whole point. It was unusual for me– I would normally try all the goes at a vocal in one day.

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.6
Audio I/FRoland UA-55

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – Abbey Road 60s Drummer – Late 60 Kit
  • Chan EQ > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (front v10 t10 + rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Multi Pressor > Channel EQ > Limiter > Distortion II
  • 若干ファズが掛かったような音になってる。DistortionはトラックではなくBusに置いて原音とミックスした。
    聞こえにくいが、EaugのコードでE4の音が鳴ってる。Fender Bass VIみたいな調弦の6弦ベースなら1弦12Fののハーモニクスで鳴らせる音だが持ってない。普通の4弦ベースだと21フレットの音。しかしFGN NCJB-10RもRickenbacker 4001も20フレットまで。FGNはフレットの先を押さえると当然音が潰れるのだが、Rickenbackerは何故か21フレットの音が鳴る…ネックが歪んでるのかな?ちょっと無理矢理だけど、ここで鳴らしてみた。ひょっとしてこの曲、ジョンかジョージがBass VIで弾いた?それともポールがHofner(22Fまである)使ったのかな?

 

Tr.3 :: E.Guitar 1

  • Gibson Les Paul Traditional (Treble v10 t10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter; > ADT
  • クランチ気味の音でカッティングとアルペジオ

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • Epiphone Elitist CASINO (rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter; > ADT
  • エンディングのコード。クリーントーンでコーラスをやや深めにかけた。

 

Tr.5 :: E.Guitar 3

  • Epiphone Elitist CASINO (rear v10 t10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter; > ADT
  • 最後のハーモニクス。1弦4F→2弦4F→3弦4F→4弦4F→5弦4F→4弦7F。サスティーン得るためにうっすらとディストーションをかけた。

 

Tr.5 :: Piano

  • exs24 – YAMAHA Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D
  • 勢いでガーッと弾いてしまったので、原曲とは譜割りが違うと思う。

 


History

2014.05.09: version 2.0
2004.01.19: version 1.0

Diary


 


Sources