*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

Things We Said Today 【今日の誓い】 – The Beatles

A HARD DAY'S NIGHT, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

もし僕が去ってしまったとしても
君はずっと僕を愛してくれると言う
僕を想ってくれる君の気持ちを
僕は感じることができる
いつかひとりぼっちで
君にそばにいて欲しくなったら
その時に思い出すよ
僕らが今日誓ったことを

 
ビートルズが1964年にリリースした7枚目のシングル盤「ア・ハード・デイズ・ナイト」の英国版のB面に収録された曲。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。同年リリースされたアルバムA HARD DAY’S NIGHTの10曲目にも収録されている。アルバムは同年に公開されたビートルズにとって初の主演映画A HARD DAY’S NIGHTのサウンドトラックアルバムだが、この曲は映画では使われていない。

B面曲でありながらポールはこの曲を非常に気に入っていて、1975年~1976年にかけて行われたウイングスのワールド・ツアーの際に演奏された「夢の人」「ブラックバード」「イエスタデイ」とともに、アコースティックセットコーナーでのビートルズナンバーの候補に挙がっていた。


John Lennon (1980)
Paul’s. Good song.
 
ポールだ。いい曲だね。

Paul McCartney (1994)
I wrote ‘Things We Said Today’ on acoustic (guitar). It was a slightly nostalgic thing already, a future nostalgia: we’ll remember the things we said today, sometime in the future, so the song projects itself into the future and then is nostalgic about the moment we’re living now, which is quite a good trick.
 
「今日の誓い」はアコースティックギターで作った曲だ。いつの日にか僕らは今日誓ったことを思い出す…未来に起こることに言及して、今この瞬間を郷愁的にするんだ。いい技法だと思ったよ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Channel EQ > Space D

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: A.Guitar 1

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT

 

Tr.5 :: A.Guitar 2

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Compressor > Denoiser > Space D
  • Amのアクセント用

 

Tr.6 :: E.Guitar

  • Gretsch Tennessee Rose (Mix – Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > ADT

 

Tr.7 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Compressor

 


History

2015.11.15: version 2.1
2011.01.10: version 2.0
2002.07.14: version 1.0

Diary


 


Sources