Instant Karma! (We all shine on) – Plastic Ono Band

composed by John Lennon ©1970 Lenono Music Ltd.
 

悪行の報いはすぐ襲にいかかる
君の脳天を直撃さ
気をつけたほうがいい
あっという間にあの世行きだぞ

 
1970年にジョン・レノンがプラスティック・オノ・バンドとしてリリースした3枚目のシングルのA面(B面はオノ・ヨーコの「誰が風を見た」)。

プロデュースはビートルズのラストアルバム「レット・イット・ビー」を手掛けたフィル・スペクター。ジョンに彼の起用を薦めたのはジョージ・ハリスンで、ジョージ自身もギターで参加している。
オールドロック調のアレンジを希望していたジョンはこの曲の仕上がりに満足し、以降1972年のアルバム「サムタイム・イン・ニューヨーク・シティー」までフィルと協働した。

この曲以降、「インスタント・カーマ(カルマ)」は「瞬時の因果応報=悪いことをするとすぐ自分に跳ね返るという法則」という意味の俗語として使われるようになった。

 

I kicked a tree in frustration. Then a big chestnut fell from the tree onto my head. Instant karma got me, I guess.

私はむしゃくしゃして木を蹴飛ばした。するとその木から大きなクリの実が落ちてきて私の頭に当たった。インスタント・カルマが発動したようだ。

 


My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.3.2
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter > Compressor

 

Tr.2 :: Hand Clap

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter > Sample Delay > Compressor

 

Tr.3 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.4 :: Piano

  • exs24 – Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Sample Delay; Compressor

 

Tr.5 :: Bass

  • FGN NCJB-10R (all-1/4)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.6 :: Guitar

  • Headway HD-113 SE/STD
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > Space D

 

Tr.7 :: E.Piano

  • E-Piano (Logic)
  • Compressor > Channel EQ > Space D

 

Tr.8 :: Hammer

  • Channel EQ > Space D
  •  

    Tr.9-11 :: Chorus

  • Channel EQ > Ensemble > Exciter > Space D > Sample Delay > Distortion > Compressor > ADT
  •  

    Tr.12 :: Vocal

  • Channel EQ > Distortion II > Modulation Delay > Compressor > Echo > Limiter > Space D > Compressor
  •  


    History

    2017.11.01: version 1.0

    Diary