HELP ! – THE BEATLES

beatles05_help
 
Side A

  1. Help !
  2. The Night Before
  3. You’ve Got To Hide Your Love Away 悲しみはぶっとばせ
  4. I Need You
  5. Another Girl
  6. You’re Going To Lose That Girl 恋のアドバイス
  7. Ticket To Ride 涙の乗車券

Side B

  1. Act Naturally
  2. It’s Only Love
  3. You Like Me Too Much
  4. Tell Me What You See
  5. I’ve Just Seen A Face 夢の人
  6. Yesterday
  7. Dizzy Miss Lizzy

宅録総括&全曲連続再生


 

2作目の映画のサウンドトラック

1965年8月6日にリリースされたビートルズの5作目のオリジナル・アルバム。アルバム邦題は「4人はアイドル」であるが「ヘルプ!」と表記されることも少なくない。
A面は彼らにとって2作目の主演映画となった「ヘルプ! 4人はアイドル」のサウンドトラック。B面には映画とは関わり無く新しくレコーディングされた曲が収録されている。

それまでプロデューサのジョージ・マーティンが手を貸す以外はレコーディングに外部ミュージシャンを参加させることはなかった彼らが、本作の”You’ve Got To Hide Your Love Away”と”Yesterday”において初めて外部ミュージシャンを起用した。これは彼らの音楽の幅がより広がるきっかけになったという点で重要なターニングポイントと言える。

ジャケットは手旗信号のようで4人が並んでいることからタイトルの”HELP”をあらわしているのかと思いきや、左から読むと”NUJV”。裏焼きであったとしても”KPUN”。意味不明である。これを単純に”HELP”とやらないところがまたビートルズらしい。
 

なんかつまらない

なんだろう。
このアルバムはつまらない。

14曲中12曲がオリジナルの新曲だし、おかしな楽器も使ってないし、編集作業で曲をハデに装飾するようなこともしていない。
次作「ラバー・ソウル」からスタジオワーク重視になっていくことを考えれば、HELP !は4人の演奏がピュアな状態で聴ける最後のアルバムなのだ。

でもなぜか退屈な曲が多い。
例外はHelp !、You’re Going To Lose That Girl、Ticket To Rideくらいか。
しかしHelp !とTicket To Rideはアルバム以前にシングルがリリースされてるので「新曲」とはいえない。
となるとYou’re Going To Lose That Girlだけか…。

これらはいずれもジョンの曲だ。

そう。ジョンはまだいい。
ポールが全然冴えてないのだ。

曲も演奏も。

このバンドの精神的な支柱はジョンだけど、音楽的な支柱はポールだ(実はいちばんの支柱はリンゴなんだが、彼は波がなくて常に安定してるからここでは全く問題にならない)。
だから彼にキレがないと曲が締まらない。
思えば前作「ビートルズ・フォー・セール」からポールはちょっとおかしかった。
彼の曲を聴いてると、曲に対するアレンジ感覚…とでもいうのかな?上手く言えないけど、そういう感覚が鈍っているように思えてならなかった。What You’re Doingなんか象徴的だった。

いや、このアルバムには稀代の名曲・Yesterdayが入ってるじゃないか。
これはポールがひとりで作った曲で世界に大喝采で迎えられたし、その後の曲も含めて他のアーティストにカバーされた回数では群を抜いてる名曲中の名曲。

わかってる。
このアルバムにはYesterdayが入ってる。

それでも、いや、それも含めて、僕はこのアルバムのポール・マッカートニーには不満なのだ。

彼が作ったThe Night BeforeとAnother Girlは全くパッとしない。ジョージのI Need YouとYou Like Me Too Muchの方がよほど気がきいてるし、キャッチーだ。
ベースもつまらない。オリジナル曲はどの曲もルートとドミナントばかりで実に面白みがないし、音価もバラバラで切れが悪い。
おまけに上記2曲とTicket To Rideで何を勘違いしたかリードギターを弾いてるが、これがまた酷い。Ticket To Rideは辛うじて曲の良さに救われているが…ジョージのならもっとマシなフレーズを弾いたんじゃなかろうか。

ジョンは「ア・ハード・デイズ・ナイト」の頃からのテンションがまだ残っているのかポールよりはいい曲を書いてるけど、It’s Only Loveはちょっと危なっかしいし、「ビートルズ・フォー・セール」で染まったディラン節も早くも限界という感じ。

なんていうか、そう、ピュアなアルバムではあるんだけど、これまでの延長線上過ぎてる感じがする。
新鮮さがないんだな。だから「なんとなくつまらない」んだと思う。
 


いいね!

  • Help !
  • I Need You
  • You’re Going To Lose That Girl
  • Ticket To Ride
  • I’ve Just Seen A Face

よくないね!

  • The Night Before
  • Another Girl
  • It’s Only Love
  • Dizzy Miss Lizzy

 


更新履歴:

2016.03.31 リミックス&動画化終了 (version 2.1)
2016.01.24 動画製作のついでにversion 2のリミックス・再録開始 (version 2.1)
2011.05.26 version 2.0録音終了→HP更新完了
2011.03.26 version 2.0録音開始
2005.07.24 Ticket To Rideを2ndテイクに差し替え
2005.07.23 Yesterdayを2ndテイクに差し替え
2002.11.08 録音終了→CD作成
2002.10.08 録音開始


宅録日記: