A HARD DAY’S NIGHT – THE BEATLES

beatles03_aharddaysnight
 
Side A

  1. A Hard Day’s Night
  2. I Should Have Known Better 恋する二人
  3. If I Fell 恋におちたら
  4. I’m Happy Just To Dance With You すてきなダンス
  5. And I Love Her
  6. Tell Me Why
  7. Can’t Buy Me Love

Side B

  1. Anytime At All
  2. I’ll Cry Instead 僕が泣く
  3. Things We Said Today 今日の誓い
  4. When I Get Home 家に帰れば
  5. You Can’t Do That
  6. I’ll Be Back

宅録総括&全曲連続再生


 
1964年7月10日に発売されたビートルズの3枚目のアルバム。

A面は彼らにとって初めての主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の収録曲。B面には新しくレコーディングされたナンバー6曲が収録されている。ビートルズのオリジナルアルバムとしては唯一「全曲Lennon – McCartneyによるオリジナル曲で構成されたアルバム」である。

映画、アルバム、主題歌、全てのタイトルとなった「ア・ハード・デイズ・ナイト」は、リンゴ・スターが発した言葉、”It was a hard day’s night,wasn’t it ?” から生まれた。
これに対して付けられた「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」という邦題は、映画評論家の故・水野晴郎氏がユナイテッド映画社員時代に「ビートルズがやってくる楽しさを表現するために」つけたものとされているが、実は別の短編映画作品”Beatles Come To Town”と混同し間違えて名づけられたものともいわれている。

2009年のリマスターCD発売に当たって日本盤の正式邦題が原題に近い「ハード・デイズ・ナイト」に改められた。


更新履歴:

2015.11.18 リミックス&動画化終了 (version 2.1)
2015.10.18 動画製作のついでにversion 2のリミックス・再録開始 (version 2.1)
2011.01.10 version 2録音終了→ HP掲載
2010.12.05 version 2 (全曲制覇2周目) 録音再開
2010.11.04 version 2 (全曲制覇2周目) 録音休止
2010.11.01 version 2 (全曲制覇2周目) 録音開始
2005.10.09 I’ll Be Backを2ndテイクに差し替え
2005.07.23 Anytime At Allを2ndテイクに差し替え
2005.07.18 And I Love Herを2ndテイクに差し替え
2005.07.18 I Should Have Known Betterを2ndテイクに差し替え
2005.07.17 A Hard Day’s Nightを2ndテイクに差し替え
2002.07.28 録音終了→CD作成
2002.06.09 録音開始


宅録日記: