*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

 


 

iMac (Mid 2010, 21.5 inch) メモリ増設

Apple, Mac

せっかく買ったMacです。これ以上増やさずに優良な人種だけを…じゃなくて。
メモリ増やします。

Apple Storeで購入した時はBTOは一切せず。

  • BTOすると発送までに3営業日ほどかかるようになる。
  • BTOでメモリ増設すると割高になる。

というのが理由。

で、秋葉館で4GBを2枚購入。1枚¥10,000ほどである。安い。なんでこんなに安いんだ。半導体メーカーをなめてるのか!と言いたくなる。でも買った。
昨日届けば即インストールだったんだけど届いたのが今日の夕方だったのであれこれ作業した後に夜中近くになってようやく取り付け作業に取りかかる。

メモリへのアクセスは非常に楽。底面についてるカバーを外せば良い。マニュアルにも方法が記載されているので改造的な作業にはならず安心である。
必要な工具はドライバーだけ。それも精密ドライバーではなく通常ナンバー1と呼ばれるちょっと先端のとんがった+ドライバーがあれば作業できる。

外すねじは3本。メモリは多少力を入れて押し込む。さほど無理な力をかけるわけではないので不安になはらない、
4GB x2を差し込んで終了。作業時間は5分もかからない。

で、トータル12GBになったわけだが、大切なのはここから先。

iMacはデフォルト32bitモードで動いている。このモードはメモリに「4GBの壁」が存在している。つまりたとえ物理的にスロット上にいくらメモリがあっても4GB以上は使えないのだ。
このままではいくらメモリ増設しても全く恩恵にあずかれない。そこでカーネルを64bitで動作させる必要がある。

Mac OS X v10.6:32 ビットまたは 64 ビットカーネルで起動する

iMacMC509J/Aは64bitに対応しているがデフォルトは32bit起動である。これを64bitに切り替えるには上記ページに記載されている手順を踏む必要がある。
ターミナルを開いて
sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture x86_64
を実行する。

これで無事64bitで動作してくれ、12GBのメモリを使えるようになった。